Sponsored Links

平家の落人伝説が残る集落として知られる湯西川温泉。

 

栃木県日光市にあり、東京方面から湯西川温泉に向かうには、車なら東北自動車道の宇都宮ICから日光宇都宮有料道路の今市ICで降り、国道121号と県道249号を経由し約70分ほど、電車なら浅草から東武鉄道で約3時間で湯西川温泉駅に到着し、日光交通の湯西川温泉行きで約20分かかります。

 

私も、以前、車で秋に湯西川温泉を訪れたことがありますが、自然に恵まれた素朴な里のイメージそのものだったことを覚えています。

 

そんな自然いっぱいの湯西川温泉で、冬の風物詩として開催されているのが「湯西川温泉 かまくら祭り」です。

 

「湯西川温泉 かまくら祭り」は例年1月下旬~3月末まで開催されるイベントで、2018年は第25回になるそうです。

 

今回は、「湯西川温泉 かまくら祭り」をご紹介したいと思います。

湯西川温泉 かまくら祭り2018の日程と会場は?


湯西川温泉かまくら祭り2018の日程は1月27日(土)から3月4日(日)まで開催されます。

平家の里(メイン会場)

かまくらの中で味わう「かまくら平家鍋」が評判のようです。

時 間 9:00~21:00

16:00に一時閉門し、17:00から再開門しますが、「1日利用券」をお持ちの方は、くぐり戸から自由に出入りできます。

入場料 1日利用券は大人510円、子供250円

17:00からのナイトチケットは大人子供にかかわらず300円となっています。

かまくら平家鍋 期間   1月27日(土)から3月4日(日)

営業時間 昼の部:11:00~15:00 ※ラストオーダー14:00

営業時間 夜の部:17:00~20:00 ※ラストオーダー19:00

料金   1,000円/1人前(2人前より受付)

別途かまくら使用料(1棟800円・45分間)がかかります。

 

宇都宮餃子会による販売 1月27日(土)17:00~21:00

1月28日(日)11:00~15:00

琵琶演奏や民話の語り部などのイベントの開催 1月27日(土)~3月4日(日)の水・木曜日

14:00~・19:00~

沢口河川敷ミニかまくら会場

2009年に「日本夜景遺産」に認定されたミニかまくらのライトアップは一見の価値ありです。

開催期間 1月27日(土)~3月4日(日)

残念ながら水曜日と木曜日はお休みです。

点灯時間 17:30~21:00

沢口会場

かまくらバーベキューが楽しめる沢口会場では、ちびっこすべり台が登場します。

また、会場内に縁日風の出店が作られ、焼きそばや焼き鳥、じるや甘酒等の販売があるそうです。

他にも、1日限りのゴスペルコンサートが開催され、湯西川温泉 かまくら祭りを盛り上げます。

開催期間 1月27日(土)~3月4日(日)

ただし、木曜日はお休みです。

また、水曜日の営業は16:00までとなっています。

かまくらバーベキュー 予約受付開始日時は1月8日(月)10:00からで予約受付時間は10:00~15:00となっています。

お申込み先電話番号は070-2612-9215

〈受付時間10:00~15:00〉

営業時間 11:00~16:00※ラストオーダー15:00

料金 1,500円/1人前(2人前から受付)

別途かまくら使用料(1棟1500円・50分間)がかかります。

ちびっこすべり台 営業時間 10:00~16:00

そりレンタル代 200円

縁日風出店 営業時間 10:00~21:00
ゴスペルコンサート

(ヒロズマスクワイア)

日時 2月24日(土)20:00~

平家慈光寺会場

平家一門の菩提寺として祀られている「慈光寺」がライトアップされ、すぐ側の「平家そば志おや」では蕎麦と甘味のセット等が楽しめるそうです。

 

慈光寺ライトアップ 期間  1月27日(土)~3月4日(日)

時間  17:00~21:00

あったかセット

(平家そば志おや)

期間

1月27日(土)~3月3日(土)の金・土曜日営業

営業時間 16:30~19:00

通常蕎麦メニューとそばがきの甘味セット(950円~/1人前)

今渕会場

LEDイルミネーションの点灯や、近くのなかや食堂で金土日・祝日限定で特別メニューがあるそうです。

イルミネーション 期間  1月27日(土)~3月4日(日)

時間  17:00~21:30

あったかセット

(なかや食堂)

期間

1月27日(土)~3月4日(日)の金・土・日・祝日営業

営業時間

17:30~20:00

内容

蕎麦とおにぎりのセット(700円/1人前)

湯西川水の郷スノーパーク

長い雪のすべり台でのそり滑り、大きなかまくらなどで雪遊びが体験できます。

期間   1月27日(土)~3月4日(日)10:00~15:00(最終受付14:00)

入場料  大人1,000円 子供500円

※そり遊び代付、水の郷観光センター入浴料を含む。

プチかまくらとぼんぼりと雪だるまいろいろ街道

ぼんぼりと個性的な雪だるまが商店街各所に登場するそうです。

プチかまくらや雪だるまと一緒に記念撮影ができるそうですよ!

ライトアップ 期間  1月27日(土)~3月4日(日)18:00~21:00

場所  湯平温泉街

会場近くに駐車場はあるの?

会場近くに駐車場はありますが、駐車台数に限りがあり、土・日・祝日は大変混雑するそうです。

 

日光市観光協会の方でも公共交通機関のご利用を進めています。

 

また、雪が多い日は除雪車が出動しますが、路面の雪を全て取り除くことはできないので、車で来られる方は必ずスタッドレスタイヤ装着かチェーンを必ず持参してください。

 

それから、路面にも雪があるので、革靴やヒール等の滑りやすい靴は控えて、スノーブーツまたは、靴底の面の荒いもので来場した方が良いようです。

 

会場内は犬などのペットを連れての入場はできませんが、盲導犬はOKのようです。

土・日・祝日はシャトルバスが運行

湯西川温泉 かまくら祭り2018が開催されている1月27日(土)~3月4日(日)の期間のうち、土・日・祝日は湯西川温泉内を循環するシャトルバスの運行があります。

 

駅から会場までのシャトルバスではありませんが、料金は無料で時間は10:00~18:00の間運行し、平家の里、湯畑、ポケットパーク、花と華、ホテル湯西川、湯西川水の郷にバスは停車します。

 

定員が24名と少ないですが、土・日・祝日に湯西川温泉 かまくら祭り2018に来られる方は、便利なので利用したらいかがでしょう。

湯西川温泉 かまくら祭りの口コミは?

沢口橋から見る日本夜景遺産認定のミニかまくらのライトアップが素敵な夜景で良かったです。

白川郷の冬のライトアップに比べると全然空いているのでおすすめです。

 

3月初旬に行きましたが、私たちが行ったときには、かまくらが溶け出していて、ちょっと残念でした。

やはり、このお祭りは1月や2月の寒い時期に行った方が素敵な景色に出会えると思います。

 

土曜日なので、バスの中は超満員でしたが、宿に泊まっていたので、宿の送迎バスで会場に連れていってもらいました。

事前に寒いと聞いていたので、完全防備で行きましたが、そのおかげで耐えられる寒さでした。

夕暮れ時から点灯するかまくらは幻想的で、とても素敵な景色でした。

Sponsored Links

最後に

今年で25回となる湯西川温泉 かまくら祭りですが、白川郷のライトアップや札幌雪祭りなどと比べると、認知度は低そうです。

 

ということは混雑状況も低いということです。

 

また、送迎バス付プランがある宿泊施設を利用するのも、良い考えです。

 

湯西川温泉 かまくら祭りは1月27日(土)から3月4日(日)まで開催されていますが、3月になると、せっかくのかまくらまで溶けてしまう可能性もあるので、行かれる場合は2月がベストシーズンでしょうね。

Sponsored Links