巨人が、育成選手である山下航汰外野手を支配下に登録するようですね。

 

山下航汰外野手は、高校通算75本塁打のスラッガーで、2軍でも結果を出していた選手!

 

支配下登録は当然でしょう。

 

今回は、育成から支配下登録される山下航汰外野手に注目してみました。

山下航汰外野手のプロフィール

山下航汰(やました こうた)外野手は、2000年11月15日生まれの18歳。

 

大阪府柏原市出身。

 

身長176㎝、体重80㎏、右投げ左打ち。

 

山下航汰外野手は、小学校3年生から柏原ヤンキースで野球を始め、柏原中学校では羽曳野ボーイズでプレー。

 

高崎健康福祉大高崎高校では、1年春からベンチ入りを果たし、1年夏の群馬大会から4番ファーストで先発出場しています。

 

翌2年春に4番ファーストで出場した春の選抜大会では、札幌第一高校戦と2回戦の福井工大福井高校戦では、ホームランを放つ活躍を見せています。

 

2年夏の群馬大会では、大会記録となる5試合連続ホームランを放つ活躍を見せ、存在感をアピール!

 

3年春の群馬大会では1番レフトで出場し、高崎健康福祉大高崎高校の優勝を牽引しています。

 

しかし、3年夏の群馬大会では、決勝で前橋育英高校にサヨナラで敗れ、甲子園出場を果たすことができませんでした。

 

山下航汰外野手は高校通算75本塁打のスラッガーとして注目され、2018年ドラフト会議で育成1位で指名され入団!

 

11月23日に「ジャイアンツ・ファンフェスタ2018」の中で新人選手10人のお披露目がありましたが、山下航汰外野手は「力強いバッティングで注目される選手になれるよう頑張っていく」とコメントしています。

山下航汰外野手の2軍成績

山下航汰外野手は、2軍で53試合に出場し、177打数56安打、3本塁打、18打点、4盗塁、14四死球、22三振、打率.316、出塁率.366をマークしています。

 

4盗塁を決めていますが、盗塁死が9あり、現状は足を売りにすることはできないようです。

頭部死球を受けたけど大丈夫?

山下航汰外野手は、6月12日のイースタン・リーグのヤクルト戦で頭部死球を受け、そのまま担架で退場となっていました。

 

 

 

その後、検査入院を1日しましたが、大事に至らなかったようですね。

 

復帰後の6月28日の楽天戦では、ホームラン放っています。

最後に

山下航汰外野手は、遠投が90mとあまり肩が強くなく、左打ちの外野手ということで、ドラフトの時点では評価が高くなく、育成選手になりました。

 

1月に行われた新人合同自主トレでも、育成選手ということで注目されず、コーチからも振り向いてくれなかったそう。

 

しかし、山下航汰外野手はそこで諦めずに、コーチに振り向いてもらうために、大きな声を出すことでアピールしていきました。

 

当然、コーチも、大人しい選手よりも元気のある選手に目が行きますよね。

 

それからは、徐々にコーチから打撃指導をしてもらえるようになり、打撃を向上させ、ついに入団1年目ながら支配下を勝ち取ることができました。

 

でも、山下航汰外野手にとっては、これは単なる通過点!

 

さらに、成長して、1軍で活躍してほしいですね。

 

 

山下航汰外野手の活躍を見たい方は、DAZNに入会してみませんか?

 

DAZNは、プロ野球など130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上!

 

1ヶ月無料で、いつでも退会は可能ですよ!