入団2年目となる2019年のヤクルト戦で、プロ初先発初勝利を達成した広島カープの山口翔投手!

 

広島カープは、次から次へと若手投手が出てきますね。

 

育成が上手いのでしょうね。

 

今回は、プロ初先発初勝利を達成した山口翔投手に注目しました。

Sponsored Links

山口翔投手はモノマネが得意?

山口翔投手は、お茶目なところがある投手!

 

2018年11月に行われたファン感謝デーでは、先輩の永川勝浩投手のモノマネを披露しています

 

永川勝浩投手のモノマネは、中学の頃からやっているそうですよ!

 

永川勝浩投手のモノマネの動画はコチラ

山口翔投手のプロフィール

山口翔投手は、 1999年4月28日生まれ。

 

熊本県熊本市出身。

 

身長181cm、体重75kg、右投げ右打ち。

 

山口翔投手は、広島市立落合東小学校4年から高陽スカイバンズで野球を始め、熊本市立日吉中学校時代は軟式野球部に所属。

 

中学校卒業後は熊本工業高校に進学し、1年秋からベンチ入りし、2年春からエースとなっています。

 

2年夏の熊本大会では、2回戦の八代東高校戦で9回2安打8四死球16奪三振1失点と好投しましたが、準々決勝の秀岳館高校戦では2番手で登板して9回9安打5失点と打ち込まれ、延長10回にサヨナラ負けを喫しています。

 

2年秋の熊本大会は、決勝で秀岳館高校に敗れ、準優勝で九州大会に出場!

 

続く、2年秋の九州大会では、2回戦の美来工科高校戦で延長13回でサヨナラで勝利すると、準々決勝の佐賀商業高校戦で9回6安打10四死球5奪三振2失点、準決勝の東海大福岡高校戦でも8回6安打8奪三振2失点に相手を抑えるピッチングを披露しましたが、試合は1対2で敗れています。

 

翌3年春の選抜大会では、初戦で智弁学園高校と対戦しましたが、9回11安打8四死球6奪三振9失点と打ち込まれ、初戦敗退。

 

3年夏の熊本大会は、1回戦の人吉高校戦で9回3安打5四死球11奪三振2失点、2回戦の城北高校戦で9回4安打9四死球7奪三振1失点と好投を続けましたが、3回戦の菊池高校に3対4で敗れ、甲子園出場は叶いませんでした。

 

山口翔投手は、コントロールに課題を残すものの、腕の振りが柔らかく、球質の良い最速152キロの速球を投げるスリークォーター右腕として注目され、2017年ドラフト会議で広島から2位に指名され入団しています。

Sponsored Links

山口翔投手の2軍での成績は?

2018年

5試合 21回 1勝2敗 23被安打 2被本塁打 16四死球 19奪三振 防御率6.43

 

2019年(5月30日現在)

4試合 24回 2勝1敗 23被安打 3被本塁打 12四死球 19奪三振 防御率3.38

 

山口翔投手の2軍での成績は、三振奪取率は高いものの、四死球の多さは改善されていません。

 

しかし、防御率は、前年に比べると6.43から3.38に改善されてきています。

山口翔投手の1軍での成績は?

2019年(5月30日現在)

4試合 11回 1勝0敗 5被安打 3四死球 11奪三振 防御率0.00

 

1軍においても、三振奪取率が高いということはキレがあるのでしょうね。

山口翔投手の変化球は?

山口翔投手は最速152キロの速球に、縦スラ、カットボール、カーブ、フォークを持っています。

最後に

2016年春に熊本地震に見舞われた際には、率先してボランティア活動に従事していたという山口翔投手!

 

今後の成長に期待したいですね。