Sponsored Links

昨日、「この差って何ですか?」というテレビ番組を見ていたら、「藪医者の語源」が取り上げられていました。

 

確かに、いわれてみると、藪医者の藪って何だろうと思いますよね。

 

「この差って何ですか?」では、藪医者の語源は「地名」からきていると説明していましたが、他にも諸説あるようです。

 

今回は「藪医者の語源」について、調べてみました。

養父の名医説

 

藪医者といったら、病人の病気を治すことができないヘボ医者のことをいいますよね。

 

でも、昔は藪医者は名医だったようです。

 

そのモデルとなったのは、但馬国(たじまのくに)の養父(やぶ)にいた長島的庵という医者。

 

長島的庵は、他の医者が見放すような病人も治してしまうほどの名医で、評判になっていたそうです。

 

その評判が江戸にも伝わり、5代将軍の徳川綱吉の耳にも届いたことで、長島的庵は江戸城に勤務するようになり、将軍の主治医になったといわれています。

 

しかし、長島的庵の評判が高くなればなるほど、「養父医者」は名医のブランドとなり、大した技術がないのに、長島的庵の弟子を名乗るものが続出したそうです。

 

このため、「養父医者」ブランドは失墜し、「養父(藪)医者」は腕の悪い医者となってしまったということです。

 

松尾芭蕉の門弟である森川許六が編纂した「風俗文選」の中には藪医者に関する一説があり藪医者のことが書かれています。

 

 藪醫者ノ解     汶村

世に藪(やぶ)醫者と號するは。本(もと)名醫にして。今いふ下手(へた)の上にはあらず。いづれの御ン時にか。何がしの良醫。但(たん)州養父(やぶ)といふ所に隱れて。治療をほどこし。死を起(をこ)し生に回(かへ)すものすくなからず。されば其風をしたひ。其業を習ふ輩。津々浦々にはびこり。やぶとだにいへば。病家も信をまし。藥力も飛がごとし。

出典:岩波文庫「風俗文選」

 

世の中で「薮医者」といわれている表現は、本来は名医を称す言葉で、今いわれている下手な医者を指すことではない。

 

いつごろの時代であろうか。

 

ある優秀な医者が但馬の養父という所で、ひっそりと隠れるように、その土地の人に治療を施していた。

 

死にそうな病人でも、治すことが少なくなかった。

 

その評判は広く伝わり、その技術を習う弟子が多くいた。

 

養父の名医の弟子といえば、病人もその家族も信頼するようになり、薬効の効果も大きかった。

 

「風俗文選」を意訳すると、こんな感じでしょうね。

野巫医者説

「この差って何ですか?」では「養父の名医説」を紹介していましたが、「野巫医者説」というのもあるそうです。

 

野巫(やぶ)とは田舎の巫医(ふい)のことで、野巫医者は祈祷や鍼灸などで、治療にあたった陰陽師系の民間医のことのようです。

 

野巫(やぶ)は一術しか身につけていない、修行の浅い者という意味もあることから、野巫医者は下手な医者となったともいわれているようですよ!

Sponsored Links

最後に

普段、何気なく使っている藪医者ですが、「養父の名医説」や「野巫医者説」以外にも諸説いろいろあるようです。

 

現在使われている藪医者は腕の悪い医者ですから、藪医者にかからないようにしましょうね。

Sponsored Links