4月23日放送の「秘密のケンミンSHOW」で、福岡県民に愛される安くて、早くて、うまい「うどんチェーン店」が紹介されるようですね。

 

テレビ番組表を見たら、「ウエスト」という店のようです。

 

「ウエスト」ってあまり知らないので調べてみました。

Sponsored Links

「ウエスト」の創業は1966年!

「ウエスト」は1966年3月に創業された福岡を基盤とした飲食チェーン店!

 

第1号店は福岡市の郊外の福間町(現 福津市)に誕生しています。

きっ かけは創業者がアメリカに視察に行った際に見た光景だと聞いています。当時アメリカでは車で行けるドライブイン形式のレストランがとても流行ったらしく、 それを見て“今後は日本でも車が一般家庭に普及し、車を使って食事に行くことが増えるだろう”と考えたのです。そして、1966年、現在の福岡県福津市に 「味の街 ウエスト」の一号店をオープンしました。

出典 フーズチャンネル

 

気になったのは、営業品目に載っている一番最初の品が、うどんではなく焼肉ということ!?

 

「ウエスト」って、うどんよりも焼肉の方が有名なんでしょうか?

ウエストは大きくわけて、「味の街」「焼肉屋」「うどん屋」の3つの流れを辿ってきました。まずは、複数業態の「味の街」の拡大でスタートしましたが、25 年ほど前から焼肉屋がヒットしはじめたため、焼肉の単独店に力を入れました。そうこうしているうちに、バブルがはじけて今度はうどん屋の売上げがよくなっ たのです。

出典 フーズチャンネル(2013年6月18日)

 

「ウエスト」は、焼肉とうどんの他に、生そば、うどん居酒屋、中国料理、中華麺飯、和食、カフェ等を経営しているようです。

「ウエスト」のうどんのこだわりは?

まずはおだしですね。だしはあじこやいりこ、昆布を使って、毎日お店で 手作りし、フレッシュなものをご提供しています。保存料や化学調味料などを使うと、味は強いけれど、どうしても口の中に後味が残ったり、風味も全然違いま す。九州のお客様はだしにうるさいですから、そこはいつも「フレッシュ」にこだわっています。ちなみに、だし用の水はアルカリイオン水を、味を整える塩は 「五島灘の天然塩」を使用しています。

あとは、揚げたての天ぷらをお出しすることもこだわりの1つです。トッピングに使うものも含め、天ぷ らは注文が入ってからお店で揚げます。例えば、かき揚げうどんのかき揚げは、揚げたてで、しかもボリュームもあって、420円(九州地区 ※2014年5月現在)と言うイメージ よりはるかに価値観があると思います。天ぷらだけ別皿でお出しするので、うどんに入れる方もいれば、そのまま天ぷらとしてお召し上がりになる方もいらっ しゃいます。

出典 フーズチャンネル(2013年6月18日)

 


Sponsored Links

「ウエスト」は東京でも食べられる?

「ウエスト」は福岡市内に41店舗、福岡市近郊に19店舗、北九州地区に10店舗、筑豊・豊前地区に4店舗、山口地区に1店舗、熊本地区に21店舗、大分地区に5店舗、佐賀・長崎地区に11店舗、鹿児島地区に1店舗、関東地区に9店舗あるようです。

 

ただし、関東地区にある店舗は、ほとんどが千葉にあり、東京は町田のみですね。

「ウエスト」は海外にも出店!

「ウエスト」は国内だけでなく、アメリカや韓国、ジャマイカにも出店しており、国内外におよそ200店舗あるようです。

最後に

「秘密のケンミンSHOW」では、「ウエスト」が紹介されますが、福岡には「ウエスト」の他にも「牧のうどん」「資さんうどん」という「うどんチェーン店」があり、この3店が福岡の三大うどんと呼ばれているそうです。

 

きっと、それぞれの店にファンがいるのでしょうね。

 

「秘密のケンミンSHOW」の放送を楽しみに待ちたいと思います。