Sponsored Links

オールスターのファン投票の最終結果が発表されました。

 

成績が良く順当に選ばれている選手もいれば、成績が芳しくないにもかかわらず、選ばれている選手もいます。

 

まあ、ファンが選ぶ人気投票なので、仕方がないのですが…

 

明らかに違和感があるのが、セントラル・リーグの中継投手で選ばれた巨人の上原浩治投手。

 

2位の中日の鈴木博志投手に10万票近くの差をつけてのブッチギリ。

 

正直、上原浩治投手も成績がともなわない中で、選出されたことに「複雑です」と心境を口にしているようです。

 

今回は、そんな中継投手部門でオールスターファン投票で選出された上原浩治投手に注目しました。

上原浩治投手のプロフィール

出典  http://www.giants.jp/

 

上原浩治(うえはら こうじ)投手は1975年4月3日生まれの43歳のプロ野球選手。

 

大阪府寝屋川市出身。

 

身長187cm、体重87kgで右投右打。

 

背番号は11番。

 

上原浩治投手は、父親が監督を務める寝屋川アスナローズで野球を始め、寝屋川市立第十中学校では陸上部に所属しながら、「明徳アスナローズ」にも所属し、野球をしていました。

 

中学卒業後は、東海大学付属仰星高校に進学し、主に外野手としてプレー。

 

高校3年生の時には投手となりますが、建山義紀投手がいたため、ほとんど登板機会が与えられなかったそうです。

 

東海大学付属仰星高校卒業後は、1年の浪人生活を経て、大阪体育大学に進学。

 

大阪体育大学入学後は、国際大会151連勝中だったキューバ相手に勝利投手になるなど順調に実績を積み重ね、大学4年間で36勝4敗、最優秀投手賞4回、特別賞2回という実績を挙げ、1998年のドラフトで巨人を逆指名し、ドラフト1位で入団しています。

 

巨人入団後は、初年度から20勝4敗、防御率2.09という脅威の実績を挙げ、最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率の投手4冠を達成し、新人賞と沢村賞を獲得。

 

その後も、巨人のエースとして実績を挙げ、メジャーリーグに移籍する前年の2008年までに112勝62敗33セーブ9ホールドを挙げています。

 

2008年4月にFA権を取得し、2009年からオリオールズに入団しますが、怪我があり、思ったような成績が挙げられず、先発から中継ぎに配置転換となりますが、怪我から復帰した2010年以降は、敗戦処理などでこつこつと信頼を得ていき、レッドソックス時代の2013年途中からクローザーに指名されます。

 

2014年には6勝5敗26セーブ、2015年には2勝4敗25セーブの実績を残しますが、2016年以降はセットアッパーに配置転換され、2017年にはカブスでプレーし、2018年、巨人に復帰しています。

上原浩治投手の嫁は山崎美穂?

上原浩治投手の嫁は山崎美穂(現 上原美穂)さん。

 

山崎美穂さんは元々、大手ビール会社のキャンペーンガールやレースクイーンを務めるなど芸能界におられた方のようです。

 

山崎美穂さんは、上原浩治投手と知り合った時には、既に芸能界を引退し、巨人と関係のあるweb関連の会社に勤めていたそうです。

 

やはり仕事柄、山崎美穂さんは東京ドームに来る機会が多かったため、上原浩治投手と山崎美穂さんは食事会で出会い、そのうちに交際に発展していったといわれています。

 

2004年9月14日には山崎美穂さんと結婚し、一真くんという息子もいるそうです。

 

ちなみに、一真くんは英語がペラペラのようです。

Sponsored Links

最後に

上原浩治投手の現在の成績を考えると、来年はプレーしていないかも知れませんね。

 

年齢も43歳なので、引退を考えていると思います。

 

ファンも、だからこそ、オールスターに上原浩治投手を選んだのかも知れません。

 

上原浩治投手には、残された現役の期間、h頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links