2月6日の「徹子の部屋」のゲストは、ヴァイオリン2本とピアノからなるアコースティック・インストゥルメンタル・ユニットの「TSUKEMEN」!

 

「徹子の部屋」には、過去に2013年3月と2015年4月に出演していて、今回が3回目の出演になるようです。

 

今回は、「徹子の部屋」に出演する「TSUKEMEN」に注目しました。

「TSUKEMEN」のプロフィール

出典 スポーツ報知

 

「TSUKEMEN」は、ヴァイオリン担当のTAIRIKU(佐田大陸さん)、ピアノ担当のSUGURU(伊藤優さん)、ヴァイオリン担当のKENTA(黒木健太さん)からなるユニット。

 

山口県で3人で行ったライブが好評だったため、現事務所(株式会社エニー)に声を掛けられ、2008年にデビューし、同年12月に、サントリーホール ブルーローズ2日間公演で初のコンサートを行っています。

 

名前の由来は、さだまさしさんが「お前ら、イケメンまでいかないからツケメンぐらいでいいんじゃないか」といわれ、事務所の社長に相談したところ、3人の頭文字(TAIRIKUのT、SUGURUのSU、KENTAのKE)が入るからいいといわれ、そのまま、「TSUKEMEN」に決めたそうです。

 

2010年3月にキングレコードから「BASARA」でメジャーデビュー!

 

2018年に発売した10周年記念アルバム「X(テン)」までのアルバム全てでクラシックチャート1位を獲得し、日本・アメリカ・韓国・ドイツなどでコンサートを実施し、現在まで40万人の観客を動員する人気インストユニットとなっています。

 

「TSUKEMEN」の動画はコチラ

TAIRIKUはさだまさしさんの息子!

さだまさしさんの息子であるTAIRIKU(佐田大陸さん)は、1984年8月11日生まれ。

 

長野県出身のTAIRIKUは、4歳からヴァイオリンを始め、東京音楽大学付属高校から桐朋学園大学音楽学部を経て、朋学園大学音楽学部大学院を卒業。

 

父親のさだまさしさんも、ヴァイオリン指導者として高名な鷲見三郎氏に認められ、中学校1年生の時にはヴァイオリン修行で単身上京し、指導を仰いでいたそうですが、東京都立駒場高校の受験に失敗したことで、プロのヴァイオリニストになる夢をあきらめているそうです。

 

でも、さだまさしさんの息子さんは、朋学園大学音楽学部大学院を卒業され、しっかりと音楽の道で生きているのですね。

 

また、TAIRIKUは、2014年12月31日付で、ブログで結婚したことを報告しています。

私TAIRIKUは今年、30歳を人生の節目とし、結婚しました。

自分やTSUKEMENの事をとても応援し、支えてくれるしっかりした、温かな女性です。

この自分の人生の転機に、今後、相手だけではなく、所属事務所やレコード会社、家族、ファンの皆様すべての応援してくれる人々に感謝しながら、全てのエネルギーをお返しできる大きな存在になりたい、そんな想いや決意を抱きました。

出典 TSUKEMENブログ

Sponsored Links

SUGURUとKENTAの経歴は?

ピアノ担当のSUGURU(伊藤優さん)は、1985年12月8日生まれ。

 

広島県出身のSUGURUは4歳からピアノを始め、桐朋学園大学音楽学部研究生修了。

 

SUGURUは2016年2月14日に、7年間付き合っていた女性と結婚したことをブログで報告しています。

相手は同じ大学の後輩で、約7年間お付き合いさせていただき、どんな時も私を陰ながら支えてくれた女性です。
これからまた更に良い音楽を皆様にお届けできるよう、日々精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

出典 TSUKEMENブログ

 

ヴァイオリン担当のKENTA(黒木健太さん)は、1984年10月24日生まれ。

 

熊本県出身のKENTAは5歳からヴァイオリンを始め、東京音楽大学を卒業。

 

また、KENTAは2012年6月24日付で、ブログで結婚したことを報告しています。

わたくし、TSUKEMENのKENTAこと黒木健太は、同じ音楽を志す年上の女性と昨日結婚しました。

わたしたちは、二人とも音楽の道で生きており、聴いてくださる方により良い音楽を送ることができるよう、お互いに刺激し高めあい、尊敬しあえる関係です。

これからさらに人間的、音楽的に成長していこうという決意が強くなりました。

まず皆さんに真っ先にお伝えしたく、今日ブログで発表させて頂きました。

出典 TSUKEMENブログ

最後に

「TSUKEMEN」の動画を見ると、彼らの音楽性の高さが分かります。

 

人気が高いのも頷けますね。

 

「徹子の部屋」の出演、楽しみに待ちたいと思います。

Sponsored Links