Sponsored Links

冬至の日に、かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりしませんか?

 

ウチでは昔から冬至の日に、かぼちゃを食べ、ゆず湯に入っています。

 

ゆずがないときは、ゆずの入浴剤で代用しています。

 

なぜ、冬至にかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりするのか気になりませんか?

 

ちょっと気になったので調べてみました。

冬至について


冬至は1年のうちで最も夜が長くなる日で、太陽の力が一番弱まる日と考えられています。

 

冬至は中国古代の書物「易経」に出てくる「一陽来復(いちようらいふく)」と結び付けられることも多いようです。

 

「一陽来復(いちようらいふく)」とは、陰が極まり、陽がかえってくること。

 

分かりやすくいうと、陰とは悪いこと、陽とは良いことで、悪いことばかりだったのが、運気が回復してくることをいいます。

冬至にかぼちゃを食べる由来とは?

冬至にかぼちゃを食べる習慣は江戸時代ごろからあり、今ほど保存技術がなかった昔は、秋口を過ぎると食べられる野菜は少なかったようです。

 

そんな野菜不足の中で、かぼちゃは保存が効く野菜として重宝がられていたのでしょう。

 

実際、かぼちゃは熟せば熟すほど甘くなり、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEが豊富な野菜です。

 

ビタミンAは抗酸化作用があり、動脈硬化を予防する効果や夜間の視力の維持に効果、ビタミンCは免疫力を高めて風邪をひきににくくする効果、ビタミンEは血流を改善する効果があることから腰痛や冷え性、しもやけなどに効果が期待できる栄養素です。

 

また、冬至にかぼちゃを食べる由来として、「運盛り」があります。

 

「運盛り」とは、冬至に「ん」の付く食べ物を食べると幸運を呼び込めるというものですが、かぼちゃは南瓜(なんきん)とも呼ばれている食べ物です。

 

「運盛り」には、南瓜(なんきん)、人参(にんじん)、蓮根(れんこん)、銀杏(ぎんなん)、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、饂飩(うんどん=うどん)の「冬至の七種(とうじのななくさ)」と呼ばれる食べ物がありますが、なぜか、冬至というと、かぼちゃになっていますね。

冬至にゆず湯に入る由来とは

冬至にゆず湯に入る習慣は江戸時代からといわれています。

 

江戸時代に、銭湯ができたことから、客寄せのために冬至にゆずを入れたのが始まりのようで、冬至は「湯治」、「柚子(ゆず)」は「融通(ゆうずう)」の語呂合わせから、「お湯に入って融通良く行きましょう」の意味があるようです。

 

また、冬至にゆず湯に入ることは、身を清め邪気を払うという禊(みそぎ)の意味もあるようです。

 

柚子(ゆず)にはビタミンC、リモネン、ヘスペリジン、β-カロテンなどが豊富に含まれています。

 

ビタミンCにはメラニン色素の沈着を防ぐ働きがあるので、シミやそばかす予防に効果があり、香り成分のリモネンにはリラックス効果、ヘスペリジンには毛細血管を広げ血行を促進させる効果から体を温める効果が期待でき、β-カロテンは粘膜を丈夫にする働きがあります。

 

また、ゆずに含まれるクエン酸やリンゴ酸にはリラックス効果もあるようです。

 

このような効果が期待できるゆず湯は冬至の時だけに限定するのはもったいないですね。

Sponsored Links

まとめ

冬至にかぼちゃを食べる由来は、保存技術がなかった江戸時代に保存の効く食材として、かぼちゃが重宝がられたこと、幸運を呼び込める「ん」の付く食べ物「冬至の七種(とうじのななくさ)」の中の南瓜(なんきん)として食べられたことによる。

 

冬至にゆず湯に入る由来は身を清め邪気を払うという禊(みそぎ)の意味と、冬至は「湯治」、「柚子(ゆず)」は「融通(ゆうずう)」の語呂合わせによる。

 

こんな感じですね。

 

かぼちゃも、ゆずも効果が期待できる成分が豊富に含まれている食材です。

 

冬至の日にはかぼちゃを食べ、ゆず湯に入って運を呼び込みましょう!

 

Sponsored Links