Sponsored Links

一年中イチゴ狩りが楽しめると評判の東京ストロベリーパーク!

 

でも、東京ストロベリーパークは東京にはありません。

 

東京ストロベリーパークがあるのは、横浜市鶴見区です。

 

きっと東京近郊にあるということで、東京ストロベリーパークと命名したのでしょうね。

 

今回は、一年中イチゴ狩りが楽しめる横浜市鶴見区にある東京ストロベリーパークについて調べてみました。

東京ストロベリーパークとは?

東京ストロベリーパークは、横浜鶴見区にある横浜火力発電所の敷地内に4月29日にオープンしたイチゴのテーマパーク。

 

運営会社は東京電力ホールディングスグループの火力発電事業会社である東京電力フュエル&パワーで、発電所で培った温湿度などの環境を制御する東電の最先端技術を活用して、首都圏としては初めての一年中イチゴ狩りが楽しめる施設となっています。

ストロベリーファーム

出典 東京ストロベリーパーク

 

一年中イチゴ狩りが楽しめるストロベリーファームは、空調が効いた環境の中で一年中イチゴ狩りが楽しめ(完全予約制)、床もコンクリートでバリアフリーになっているので、車いすの方でも安心して利用することができます。

 

また、床をがピンク色のコンクリートにして、足元が汚れないように配慮しているそうですよ!

 

なお価格は、以下のとおりです。

価格表 1~6月 7~12 月
大人 2,000円 2,980円
小学生以下 1,500円 2,480円
3歳以下 無料 無料
持ち帰りカップ(約300g) 800円 1,400円

 

施設の予約はこちら

パークサイドキッチン

出典 東京ストロベリーパーク

 

パークサイドキッチンは、イチゴのスイーツやレッドチョコとブラックチョコ2色のチョコレートファウンテン、ピザ、パスタなどの本格的なイタリアンが味わえるビュッフェレストラン。

 

週末限定のスペシャルメニューもあるそうですよ!

 

パークサイドキッチンも完全予約制となっていますが、席に余裕がある場合は予約していなくても入ることができるようです。

スタジオスイッチ

出典 東京ストロベリーパーク

 

スタジオスイッチはイチゴを使ったお料理作りを体験できるキッチンスタジオ!

 

簡単なジャム作りやクッキー作りを料理研究家に教えてもらえるそうです。

 

完全予約制で、対象は3歳以上(3歳~12歳は保護者同伴)で所要時間は105分、価格はお一人1,980円(税込価格)となっています。

イチゴラボ

出典 東京ストロベリーパーク

 

イチゴとチョコレートのお菓子を作っている様子を見学できる施設で、ここでしか食べることのできない「できたてスイーツ」が食べられるそうです。

ベリーグッドショップ

出典 東京ストロベリーパーク

 

期間限定のコラボグッズやここでしか手に入らない特別なお菓子が購入できます。

Sponsored Links

東京ストロベリーパークの営業時間とアクセスは?

東京ストロベリーパークの営業時間は平日 11:00~16:00、土日祝日は10:00~18:00となっています。

 

なお、定休日は毎週水曜日となっています。

 

アクセスは、電車の場合はJR鶴見駅あるいは京急鶴見駅より横浜市営バス7番乗り場「横浜さとうのふるさと行」(181系統)にご乗車し、「横浜火力発電所前」で下車(乗車時間約15分)。

 

車の場合は、生麦(鶴見駅)方面から東電火力発電前の信号を右折し、突き当たりを右折して道なりに進み、信号を左折、2つ目の信号手前を約20m手前を左折。

 

大黒大橋方面からは東電火力発電前の次の次の信号の手前約30mを左折となっています。

 

なお、無料駐車場は150台分のスペースがあるそうです。

最後に

東京ストロベリーパークは4月29日にオープンしたばかりのテーマパークなので、土日祝日は中々予約が取れないようです。

 

予約(クレジットカード決済のみ)は1ヶ月先までとなっているので、土日祝日に東京ストロベリーパークを訪れたいと思っている方は早めに予約した方がいいですよ!

 

ただし、平日は空きがありそうです。

Sponsored Links