Sponsored Links

俳優の寺島進さんが所属しているオフィス北野を11月末で退社するようです。

 

ビートたけしさんの独立騒動で、オフィス北野のマネージャーが15人から5人に激減したことにより、しっかりしたマネジメントができないことが原因のようですね。

 

寺島進さんは12月からジャパン・ミュージックエンターテインメントに移籍するそうですが、新天地で頑張ってほしいですね。

 

今回は、オフィス北野を11月末で退社する俳優の寺島進さんに注目しました。

寺島進さんのプロフィール

出典 https://xn--u9jy52g7hi70x09p6lc7t7c.com/

 

寺島進(てらじま すすむ)さんは1963年11月12日生まれの俳優。

 

東京都江東区出身。

 

身長165㎝、体重58㎏で血液型はA型。

 

趣味は旅行、ドライブで、特技は殺陣、乗馬、江戸弁。

 

実家は深川の畳屋で3人兄弟の次男。

 

江東区立深川第二中学校、東京都立葛飾野高校卒業。

 

高校卒業後に三船芸術学院に入り、殺陣を学んだ後、1986年の松田優作さんが監督を務めた「ア・ホーマンス」で映画デビュー。

 

1989年、北野武監督作品「その男、凶暴につき」織田ススム 役で出演。

 

1991年、北野武監督作品「あの夏、いちばん静かな海。」軽トラの男 役で出演。

 

1993年、北野武監督作品「ソナチネ」ケン 役で出演。

 

1996年、北野武監督作品「キッズ・リターン」組の若頭 役で出演。

 

1996年、映画「おかえり」北沢孝 役で主演。

 

1998年、北野武監督作品「HANA-BI」中村 役で出演。

 

2001年、北野武監督作品「BROTHER」加藤 役で出演。

 

2005年、映画「交渉人 真下正義」木島丈一郎 役で出演。

 

2005年、フジテレビ系ドラマ「逃亡者 木島丈一郎」木島丈一郎 役で主演。

 

2006年、フジテレビ系ドラマ「アンフェア」山路哲夫 役で出演。

 

2008年、フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」梶寿志 役で出演。

 

2011年、映画「アンフェア the answer」山路哲夫 役で出演。

 

2013年、映画「清須会議」 黒田官兵衛 役で出演。

 

2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」出浦昌相 役で出演。

 

2017年、テレビ東京系ドラマ「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」本人 役で主演。

 

寺島進さんは高校時代は不良で、授業をサボってよく映画を見ていたそうです。

 

また、映画デビューとなった「ア・ホーマンス」の監督である松田優作さんは、芸能界で初めて褒めてくれた人のようで、松田優作さんの次男・松田翔太さんと親しい間柄のようです。

 

そして、寺島進さんは北野武監督作品に数多く出演されていることで知られています。

 

何でも、ロサンゼルスまで追いかけて行って、自らを売り込んだそうです。

寺島進さんの嫁は?

寺島進さんは、2009年11月30日に結婚しています。

 

嫁は何と18歳年下なんですって!

 

翌年の2010年には長女が誕生しています。

 

噂では寺島進さんの嫁の名前はあゆみさんで、銀座のホステスだったといわれています。

 

嫁さんが銀座のホステスをしていた時に、寺島進さんが客として来店し、知り合ったようです。

寺島進さんが似ているのは

寺島進さんといえば、やはり岩城滉一さんに似ています。

 

はじめ、寺島進さんが出てきたときは、岩城滉一さんかと思ったぐらいです。

 

出典 http://office-kitano.co.jp/(寺島進さん)

出典 http://ticket-news.pia.jp(岩城滉一さん)

 

やっぱり、似ていますね。

最後に

寺島進さんも、俳優として売れるきっかけを作ってくれた北野武さんが事務所を去ったことで、移籍のタイミングを探っていたのでしょうね。

 

やはり、しっかりとマネージメントを行ってもらえる事務所がいいと考えるのは当たり前のことです。

 

これからは新天地でしっかりと俳優業に頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links