Sponsored Links

10月1日の「徹子の部屋」のゲストはイラストレーターの田村セツコさん!

 

田村セツコさんは黒柳徹子さんの古くからの友人で、黒柳徹子さん(トットちゃん)のグッズのイラストも、田村セツコさんが描いているそうです。

 

今回は「徹子の部屋」に出演するイラストレーターの田村セツコさんに注目してみました。

田村セツコさんのプロフィール

出典 http://www.mammo.tv/

 

田村セツコさんは、1938年2月4日生まれのイラストレーター、エッセイスト。

 

東京都目黒区出身。

 

東京都立八潮高校卒業。

 

警視庁の警察官の父親の家に生まれた田村セツコさんは、妹2人に弟1人の長女で、少女雑誌を読み、漫画を真似してお絵描きをする少女だったそうです。

 

田村セツコさんのお気に入りの作家は、少女漫画の先駆けとなった「くるくるクルミちゃん」で知られる松本かつぢさんでした。

 

今のように個人情報保護がうるさくなかった時代に、少女雑誌に「作家の先生にお便りを書きましょう」というページがあり、少女雑誌に松本かつぢさんの住所が載っていたことから、田村セツコさんは松本かつぢさんのところに往復葉書で手紙を送り始めます。

 

その後、松本かつぢさんのところに、田村セツコさんが描き溜めていた絵を送ったところ、松本かつぢさんから思いがけず返事が来ました。

「まさか素人の女の子に有名なプロの先生からお返事が来るなんて思ってもみなかったから、もうビックリ。それは私にとってものすごい大事件でした」

出典 https://nvc.or.jp/

 

松本かつぢさんから才能を認められた田村セツコさんは、松本かつぢさんの弟子となります。

 

しかし、プロの絵描きになれると思っていなかった田村セツコさんは、高校卒業後に安田信託銀行に入社し、秘書課に配属されます。

 

銀行では、上司や同僚にも恵まれ、職場に不満はありませんでしたが、田村セツコさんは絵の世界を諦めることができず、月に一度は松本かつぢさんの自宅を訪れ、指導を受けていたそうです。

 

やがて、松本かつぢさんから指導を受けていた田村セツコさんは、担当編集者を紹介してもらえるようになり、出版社から仕事の依頼が舞い込むようになります。

 

出版社からの仕事の依頼が絶えることがなかったため、田村セツコさんは安田信託銀行を1年あまりで退職!

小さなカット(挿絵)を描く仕事ではあったが出版社からの依頼は絶えなかった。昼休みに丸の内の会社を抜け出し、神保町の出版社へ原稿を届ける日々。駆け足で往復すれば休憩時間内に職場に戻れる。でも昼食の時間はない。「あの娘は昼休みに慌ててどこに行ってるんだろう?」という声も社内に出始めた。
出版社から受け取るのは手間賃程度の謝礼とはいえ、当時の銀行で副業が認められていたはずもない。二足の草鞋に後ろめたさを感じ、「どちらか一本に絞るべきでは」との思いもあった。
銀行の秘書課という人もうらやむ職場を1年で投げ出した。少女時代からの夢だった「絵を描くことを仕事にしたい」という思いを断ち切れなかった。

出典 http://www.mammo.tv/

 

安田信託銀行を1年あまりで退職した田村セツコさんは、師匠の松本かつぢさんに紹介してもらった編集者のツテを頼りに細々と仕事をしていましたが、そんな田村セツコさんに転機が訪れます。

 

「少女クラブ」の増刊号にユーモア小説の挿し絵を描く予定だった挿絵画家が急病で描けなくなることになり、田村セツコさんがピンチヒッターで、挿し絵を描くことになったのです。

明日の朝10時までに描いてほしいという注文。時間は少ない。

「編集長から、『これに挿絵を描ける?』とどっさり原稿を渡された」
少女が主人公の小説。徹夜で描き下ろしたもの以外にも、いままで書きためていたのも含めて、たくさん持っていった。かわいい女の子がウィンクしたり、遊んでいたりする絵。
「コミカルな明るい女の子の絵が好きだし一番描きたかったから、私にピッタリのお仕事で、もう嬉しくてね。締め切りに間に合わせるために徹夜で描いて次の日に持っていったら、いいも悪いもなく、間に合ってよかったとオーケーをいただいた」

出典 https://nvc.or.jp/

 

田村セツコさんが描いた挿し絵は、評判となり、数社の出版社から仕事の依頼が増え始めます。

 

その後、田村セツコさんは1960年、「りぼん」におしゃれページ(「こんにちはおじょうさん」)を連載開始し、1963年には「なかよし」におしゃれページ(「ボンジュールおじょうさん」)を連載開始しています。

 

1975年には、「いちご新聞」(サンリオ)を創刊。

 

1979年には、ハウス食品の春のデザートキャンペーンに「HAPPYおばさん」が採用され、2003年には「田村セツコ&水森亜土展」を弥生美術館にて開催、2012年に「田村セツコ展」を弥生美術館にて開催しています。

セツコグッズ

田村セツコさんが手がける可愛いイラストを用いたグッズは、サンリオやコクヨなどで販売され、セツコグッズと呼ばれ評判になりました!

 

出典 https://www.pinterest.fr/

黒柳徹子さんの公式オンラインショップでも評判!

黒柳徹子さんは2017年12月1日に、公式オンラインショップ「トットちゃんショップ」をオープンさせていますが、Tシャツ、スマホケースなどのグッズのイラストは田村セツコさんが担当しています。

 

田村セツコさんは、黒柳徹子さんが公式サイトを開設した時も、黒柳徹子さんのイラストを担当し、カワイイと評判になっていました。

出典 http://totto-chan.jp/

 

また、田村セツコさんが描いた黒柳徹子さんのイラスト入りグッズは、オープン直後に売り切れるという人気だったそうです。

出典 http://totto-chan.shop/

Sponsored Links

最後に

田村セツコさんは常にポジティブで前向きな方のようです。

 

だから、黒柳徹子さんと気が合うのでしょうね。

 

「徹子の部屋」の放送を楽しみに待ちたいと思います。

Sponsored Links