Sponsored Links

福岡ソフトバンクの曽根海成内野手と広島東洋カープの美間優槻内野手の交換トレードが決まったようですね。

 

広島東洋カープの美間優槻内野手は、今期1軍での出場が多いですが、曽根海成内野手はあまり見かけない選手です。

 

そこで、今回は曽根海成選手に注目しました。

曽根海成選手のプロフィール

出典 https://news-enspo.com/

 

曽根海成(そね かいせい)選手は1995年4月24日生まれの23歳。

 

大阪府大阪市出身。

 

身長175cm、体重70kg、右投げ左打ち。

 

小学校2年生からソフトボールを始め、小学校5年生の時に「大道ジャガーズ」で野球を始めています。

 

京都国際高校時代は1年夏から三塁手のレギュラーとなっています。

 

2年夏には1番遊撃手として試合に出場。

 

3年夏には強肩を買われ3番捕手として京都大会に出場。

 

1回戦で北嵯峨高校と対戦し、5打数2安打をマークしますが、延長15回の激闘の末敗れ、甲子園出場は果たしていません。

 

50メートル5秒9の快足と遠投118メートルの強肩を評価され、2013年ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから育成3位で指名され入団。

 

2017年3月には支配下登録され、2017のフレッシュオールスターゲームでは育成出身では史上初のMVPを獲得。

 

今シーズンの曽根海成選手のファームでの成績は、試合数39 打数57 安打18 本塁打0 打点8 三振16 四球8 打率.316となっています。

韓国、逮捕、ダウン症、ハーフ?

曽根海成選手を検索すると、韓国、逮捕、ダウン症、ハーフというワードが出てきます。

 

でも、韓国、逮捕、ダウン症、ハーフいずれも不明ですね

 

また、彼女の存在も不明ですね。

 

曽根海成選手の認知度が増してくれば、情報が出てくるかもしれません。

Sponsored Links

最後に

広島は美馬選手を放出してまで、曽根海成選手を獲得したのは、内外野だけでなく、捕手まで守れるユーティリティな部分と俊足でしょう。

 

その反面、打撃は非力と思われているようです。

 

しかし、広島の指導力でどこまで打撃力が付くのか期待したい選手ですね。

Sponsored Links