Sponsored Links

9月28日の「徹子の部屋」のゲストは、女優の柴田理恵さん!

 

「徹子の部屋」では、両親や夫の話、地元・富山の祭り「風の盆」でのエピソードなどを話すようです。

 

今回は「徹子の部屋」に出演する女優の柴田理恵さんに注目してみました。

柴田理恵さんのプロフィール

出典 https://entertainment-topics.jp/

 

柴田理恵(しばた りえ)さんは1959年1月14日生まれの女優・タレント。

 

富山県富山市出身。

 

富山県立八尾高校を経て、明治大学文学部演劇学科卒業。

 

柴田理恵さんは大学卒業後に、劇団東京ヴォードヴィルショーを経て、1984年に佐藤正宏さん、久本雅美さんらと劇団WAHAHA本舗を設立しています。

 

以後はWAHAHA本舗の看板女優として舞台で活動するとともに、日本テレビ系トーク・バラエティ番組「今夜は最高」やフジテレビ系バラエティ番組「笑っていいとも!」などのレギュラーに起用され、知名度を広めていきます。

 

女優としては、2006年のテレビ朝日系ドラマ「7人の女弁護士」、2007年のTBS系ドラマ「山田太郎ものがたり」、2017年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演しています。

柴田理恵さんの実家は?

柴田理恵さんの母の実家は、富山県を代表する祭である「おわら風の盆」の開催地として知られる富山市八尾地区の老舗旅館である「宮田旅館」!

 

 

八尾駅から徒歩15分というアクセスの宮田旅館は全室5室という小さな宿で、昔の商人宿の雰囲気を残す趣のある宿として人気があり、徳川家最後の将軍である徳川慶喜公も宿泊されたことのあるそうです。

 

また、宮田旅館はテレビ朝日系サスペンスドラマなどのロケでも使われています。

出典 じゃらん

 

そして、宮田旅館は「女性が旅館を守り男性が外で仕事をする」という家訓があるそうです。

 

宮田旅館の口コミを見ると、この旅館の良さが伝わってきます。

八尾の街にぴったりの風情のある宿です。建物はいい感じに古くて、タイムスリップした気分に浸れます。バス・トイレは共同ですが、新型でとても快適でした。また朝食が大変おいしく、まさに「正しい日本の旅館」と言えます。
ただ、ひとつだけ気になったことがありました。私が泊まったのは中庭に面した部屋だったので、朝明るくなるのがとても早かったです。窓に遮光カーテンがあればいいのにと思いました。
ぜひまた泊まりたいです。

出典 じゃらん

柴田理恵さんの旦那は?

柴田理恵さんの旦那は、柴田理恵さんと同じ明治大学の演劇研究部員だった方で、名前は柴田信幸さんというようです。

 

柴田理恵さんのモテ期は大学時代だけで、その大学時代に、柴田理恵さんは旦那の柴田信幸さんからラブレターをもらったそうです。

 

しかし、せっかくもらった巻物に毛筆で書かれたラブレターを、柴田理恵さんはなぜか燃やしてしまったそうです。

 

よく分からないですよね。

 

柴田理恵さんが旦那の柴田信幸さんと付き合い始めたきっかけは、ドライブの途中で車酔いした柴田理恵さんを旦那の柴田信幸さんが介抱してくれたことで、柴田理恵さんは柴田信幸さんの気持ちに初めて気付いたそうです。

 

その後、柴田理恵さんが28歳の時に、2人は結婚していますが、子供はいないようです。

最後に

柴田理恵さんの実家が旅館だと今回初めて知りました。

 

「徹子の部屋」では地元の話などもするそうなので、放送を楽しみに待ちたいと思います。

Sponsored Links