Sponsored Links

神奈川に住んでいるものなら、誰でも知っているサンマ―メン!

 

私も神奈川に住んでいますが、サンマ―メンって、どこの地域でも食べられているものだと勝手に解釈していました。

 

それくらい、サンマ―メンって神奈川ではメジャーなラーメンですから。

 

でも、いまだに「サンマ―メンって、秋刀魚(サンマ)が乗っているラーメン?」と聞かれることもあるそうですよ!

 

今回は神奈川のご当地ラーメン「サンマ―メン」について調べてみました。

「サンマ―メン」と「もやしそば」の違いとは?

「サンマ―メン」とよく似ているといわれるのが、「もやしそば」!

 

確かに似ています。

 

「サンマ―メン」と「もやしそば」の違いを家族に聞いても、「もやしそば」はもやしを上に乗せただけ、「サンマ―メン」はとろみをつけたものといっていました。

 

私も家族と同意見です。

 

「サンマ―メン」に、とろみは絶対欠かせないもの!

 

もやしや麺に餡が絡んだ「サンマ―メン」は、口の中に入れてヤケドするかもと思うほど熱々ですからね。

 

でも、もやしそばにも餡が入ったものもあるそうです。

 

こうなると、話はややこしくなります。

 

もともと、サンマー麺は調理人達のまかない料理だったそうです。

 

醤油味が基本と思っていましたが、横浜では塩味の「サンマ―メン」もあるそうです。

 

「かながわサンマ―麺の会」でも「サンマ―メン」の定義はないと記載していますので、「サンマ―メン」と「もやしそば」には大した違いはないのかも知れません。

「サンマ―メン」の語源は?

サンマーメンの語源は諸説いろいろあるようですね。

 

サンマーメンは漢字で「生馬麺」「生碼麺」「三碼麺」などと書くそうです。

 

広東語の読み方では、「生(サン)」「馬(マー)」と読み、「生(サン)」は新鮮でしゃきしゃきしたという意味、「馬(マー)」は上にのせるという意味があるそうです。

 

新鮮な野菜や肉をサッと炒めてから、しゃきしゃき感のある具を麺の上にのせるところから「生馬麺」と名付けられたといわれています。

 

そして、「生馬麺」といわれる前は「生碼麺」といわれていたそうですが、「碼」には波止場という意味があるそうです。

 

昔の「生碼麺(サンマ―メン)」は港周辺で食べられていた賄い食だったといわれています。

 

それも、新米の料理人が野菜の細切りの練習を兼ねて、具材として入れていたそうなので、何となく納得してしまいます。

 

一方、「三碼麺」の方は、モヤシ、豚肉、ターサイの3種類の具材を使っているという説のようですね。

 

どちらかというと、「生馬麺」の説の方が合っていると思いましたね。

Sponsored Links

「サンマ―メン」の発祥は?

サンマーメンの発祥の店は、聘珍樓説と玉泉亭説があるようです。

 

聘珍楼は横浜中華街にある中華料理店ですね。

 

昭和5年に、当時の聘珍楼のオーナーが物資が少ない中でも、手に入りやすいモヤシと豚肉を使い、腹持ちがよくなるように広東麺の餡を利用して作ったのが始まりといわれています。

 

一方、玉泉亭は横浜伊勢佐木町にある創業大正7年の老舗の中国料埋の店です。

 

玉泉亭が考案したといわれるサンマーメンは、2代目のオーナーの時に始めたようです。

 

それまでの中国風の脂っこいところを、日本人の舌や好みに合わせて、あんかけ風にしたもののようです。

 

どちらのサンマ―メンも美味しいと評判のようですよ!

最後に

今回は、神奈川のご当地ラーメンである「サンマ―メン」を取り上げてみました。

 

寒い冬に持ってこいのラーメンですから、まだ食べたことのない方は一度ご賞味あれ!

 

Sponsored Links