Sponsored Links

10月9日の「徹子の部屋」のゲストは、元外交官でタレントのオスマン・サンコンさん!

 

オスマン・サンコンさんは、今年、演歌歌手でグラビアアイドルの北山みつきさんと結婚したことで話題になりましたよね。

 

でも、オスマン・サンコンさんの母国・ギニアは一夫多妻制なので、北山みつきさんは第三夫人になるようです。

 

今回は、「徹子の部屋」に出演するオスマン・サンコンさんに注目しました。

オスマン・サンコンさんのプロフィール

出典 https://talent.thetv.jp/

 

オスマン・サンコンさんは1949年3月10日生まれの元外交官、タレント。

 

オスマン・サンコンさんは、ギニア共和国ボッファで、22人兄弟の4男として生まれ、1960年頃に、ギニア独立戦争で父親を亡くしているそうです。

 

1968年にギニア国立コナクリ大学を卒業した後、フランスのソルボンヌ大学に国費留学しています。

 

1972年にギニア共和国外務省に入省し、当時の大統領から「日本の農業などのノウハウ、科学技術は将来必ず重要になる。だから大使館を置いておいた方がいい」といわれ、日本に大使館を作るため、来日。

 

オスマン・サンコンさんは、8年間、ギニア大使館の大使館員として日本で暮らし、日本人女性の佐伯喜美子さんと結婚しているそうですが、この女性とは後に離婚しているようです。

 

その後、オスマン・サンコンさんは日本を離れ、ワシントンに転勤し、1982年にギニアに帰国しています。

 

1984年に、ギニア日本交流協会から「ギニアを広めるため」といわれ、ギニア外務省を休職し、再来日し、出演したのが「笑っていいとも!」でした。

1984年、ギニア日本交流協会から「ギニアを広めるため」と言われ、何も知らずに行ったのが「いいとも」のオーディションだった。

「プロフィルも何も持たないで行ったのね。でも、(プロデューサーの)横澤(彪)さんはフランス語ができて。それで、自分が何をやっている人なのかをわかってもらえた」

番組では、天然ボケをいじられるキャラ。差別的なツッコミも多かった。

「バカにされてるのはわかってたけど、全部笑い飛ばしてた。だって、怒ったってしょうがないから。ギニア人は、おおらかなの。『サンコンはシマウマ食べる、ライオン食べる』って言われたら、笑って、そうだよ、おいしいよ、て言ってた」

実はシマウマもライオンも来日後に上野動物園で初めて見たという。

「なぜ怒らないか? それは自信があるから。勉強もたくさんしてきたし、自分は自分だし。それに、友達には怒れないでしょ」

出典 ZAKZAK

 

また、「笑っていいとも!」出演時には、6.0という驚異的な視力であることも話題になりました!

 

「笑っていいとも!」に出演したことで、タレントとしてブレイクしたオスマン・サンコンさんは、1986年に個人事務所「サンコンシステムズ」を開設しています。

 

1990年からは、タレント業で得た収入で母国に支援活動を始め、2017年には旭日双光章を受章しています。

オスマン・サンコンさんの足?

オスマン・サンコンさんは高校2年生の時にサッカーをしていて、相手からタックルされアキレス腱が断裂してしまったそうです。

 

当時のギニアの医療技術では、オスマン・サンコンさんの足を治すことができずに、今でもオスマン・サンコンさんは足が不自由のままのようです。

 

このため、オスマン・サンコンさんは身体障害者手帳2級を持っているそうです。

 

また、ギニアの医療が遅れているため、自分の母親を日本に呼んで、白内障の手術を受けさせた体験から、介護の大切さを感じ、50歳で介護ヘルパー2級資格を取得しています。

オスマン・サンコンさんの息子は?

出典 http://sutakorasacchan.com/

 

オスマン・サンコンさんの息子はヨンコンさんというようです。

 

オスマン・サンコンさんの往年のギャグ「1コン2コン・サンコン!」にあやかっているのでしょうか…

 

ヨンコンさんは、1984年4月17日生まれ。

 

ちょうど、オスマン・サンコンさんが再来日した時に誕生しています。

 

ヨンコンさんは渋谷教育学園渋谷高校を卒業後、神田外語大学に入り、2年で中退!

 

レゲエグループ「笑連隊」で7年間、DJとして活動していた時に、「さんまのからくりTV」などに出演しているようです。

 

その後、28歳の時に母親が亡くなったことがきっかけで、グループを脱退!

 

2015年1月には入籍され、現在は、父親の外交活動の補佐をしながら、イベントのMCなどをされているようです。

Sponsored Links

最後に

最近、オスマン・サンコンさんをあまりテレビで見かけることは少なくなりました。

 

現在、オスマン・サンコンさんは、「視力6.0から見たニッポン」「マラリアに苦しむ子供たち」などの講演活動、特別養護老人ホームなど福祉施設の慰問で忙しいようです。

 

「徹子の部屋」の放送を楽しみに待ちたいと思います。

Sponsored Links