DeNAの櫻井周斗投手が、1軍でのプロ初登板を、1回3者凡退と上々のデビューで飾ったようですね。

 

しかも、あの西武の山川穂高選手から三振を奪ったとか。

 

そういえば、櫻井周斗投手は日大三高時代にも清宮幸太郎選手(現 日本ハム)から5打席連続三振を奪い、清宮選手キラーと呼ばれていましたよね。

 

強打者には強いのかな?

 

今回は、DeNAの櫻井周斗投手に注目してみました。

Sponsored Links

櫻井周斗投手のプロフィール

櫻井周斗(さくらい しゅうと)投手は、1999年6月25日生まれ。

 

埼玉県所沢市出身。

 

身長178cm、体重80kg、左投げ左打ち。

 

背番号は41番。

 

櫻井周斗投手は、父親と兄のすすめで、所沢市立牛沼小学校の時に野球を始め、小学校6年生の時には東京ヤクルトスワローズジュニアに選出されています。

 

所沢市立東中学校時代は新座シニアでプレーし、中学校卒業後は日大三高に進学し、1年秋からライトでレギュラーを獲得!

 

翌2年夏の西東京大会では、投手と野手の二刀流選手として出場し、6番ライトで出場した準々決勝の聖パウロ学園高校戦では本塁打を放つ活躍を見せましたが、準決勝の東海大菅生高校戦では先発して5回途中で打たれ、途中降板し、試合も2対4で敗れています。

 

2年秋の東京大会では、決勝で早稲田実業高校と対戦し、清宮幸太郎選手から5打席連続三振を奪う力投を見せましたが、試合は9回に4点を奪われ、6対8で敗れています。

 

翌3年春の選抜大会1回戦の履正社高校戦では、 櫻井周斗投手は先発として登板し、8回5安打6四死球13奪三振6失点と打たれましたが、安田尚憲選手(現 ロッテ)から3打席連続三振を奪っています。

 

3年夏の西東京大会では、4回戦の立川国際高校戦で本塁打を放つ活躍を見せましたが、準々決勝の東海大菅生戦では9回8安打4四死球9奪三振5失点と打たれ、試合も相手投手陣に完封を許し、敗退しています。

 

その後、櫻井周斗投手は、U-18代表としてワールドカップに出場しクリーンアップを任されるなど活躍しました。

 

櫻井周斗投手は、最速149キロの速球にキレのあるスライダーを持ち、打者としてもパンチ力のある打撃が評価され、2017年ドラフト会議で、DeNAからドラフト5位で指名され入団しています。

櫻井周斗投手の2軍での成績は?

2018年

18試合 48.2回 2勝3敗 53被安打、7被本塁打、36四死球、37奪三振、暴投7

防御率7.03。

 

2019年

17試合 27回、3勝1敗、18被安打、0被本塁打、14四死球、20奪三振、暴投2、防御率1.67。

 

入団1年目と比べると、防御率やコントロールで改善が見られますね。

櫻井周斗投手の登場曲は?

櫻井周斗投手の登場曲は、乃木坂46のインフルエンサーとなっていますね。

 

やはり、ノリの良い曲を選んでいますね。

Sponsored Links

最後に

櫻井周斗投手といえば、やはりスライダーが武器の投手ですよね、

 

でも、櫻井周斗投手は本格的に投手に転向したのは2年の夏なので、まだまだ伸びしろがありそうです。

 

DeNAの次代を担う投手に成長してほしいですね。