即戦力として入団しながら、右肩痛の影響で昨年は登板することができなかった齋藤俊介投手ですが、ようやく巨人戦で、1軍登板を果たすことができました。

 

自身最速となる151キロをマークし、結果も1回で2三振を奪う好投!

 

はっきりいって、期待以上の内容でした。

 

今回は、1軍初登板を果たした横浜DeNAベイスターズの齋藤俊介投手に注目しました。

齋藤俊介投手のプロフィール

齋藤俊介(さいとう しゅんすけ)投手は、1994年1月7日生まれ。

 

千葉県佐倉市出身。

 

身長176cm、体重85kg、右投げ右打ち。

 

齋藤俊介投手は、佐倉市立千代田小学校から野球を始め、佐倉市立臼井南中学校時代は佐倉ボーイズでプレー。

 

中学校卒業後は成田高校に進学。

 

2年夏の千葉大会では、2回戦の富里高校戦で7回6安打2四死球6奪三振完封(7回コールド)、5回戦の桜林高校戦で先発して5回2安打無失点に抑え、成田高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会では控え投手としてベンチ入りしますが、登板することなく準決勝で敗退しています。

 

3年夏の千葉大会ではエースとして登板し、1回戦の市原八幡高校戦で6回3安打6奪三振完封(6回コールド)、2回戦の流山おおたか高校戦で2番手で登板して3回ノーヒット無失点、3回戦の銚子商業高校戦で9回6安打10奪三振1失点完投、4回戦の館山総合高校戦で延長15回10安打2四死球19奪三振3失点完投と好投しましたが、サヨナラで敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

齋藤俊介投手は、高校卒業後は立教大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年秋のリーグ戦からは先発に定着し、東京大学との2回戦で先発して6回2安打3四死球4奪三振無失点に抑え、リーグ戦初勝利を飾っています。

 

2年春のリーグ戦では、6試合に登板し、32回で3勝2敗、20被安打、10四死球、18奪三振、防御率1.13の好成績を残し、最優秀防御率のタイトルを獲得!

 

2年秋の法政大学との2回戦では、9回を2安打無四球9奪三振に抑え、リーグ戦初完投初完封勝利を達成しています。

 

その後、齋藤俊介投手は右肩痛を発症したため、3年秋のリーグ戦は登板できず、4年春も未勝利に終わりましたが、4年秋の慶応大学との2回戦で、2番手で登板して6回4安打1四死球6奪三振無失点に抑え、勝利投手となっています。

 

齋藤俊介投手は、大学通算44試合に登板し、198回で11勝14敗、181被安打、148奪三振、防御率2.45の成績を残しています。

 

大学卒業後、齋藤俊介投手はJX-ENEOSに入社し、1年目から公式戦に出場!

 

入社1年目の2016年の都市対抗野球大会には、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の補強選手として出場し、1回戦の日本生命戦に3番手で登板して1回ノーヒット2奪三振無失点、NTT東日本戦に先発して3回5安打1四死球3奪三振2失点の成績を残しています。

 

また、2016年の日本選手権大会では、1回戦のNTT西日本戦で先発して7.2回5安打3四死球5奪三振1失点の好投を見せています。(試合は0対1で敗戦)

 

入社2年目の都市対抗野球大会には、前年と同じく三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の補強選手として出場し、1回戦の日本生命戦に2番手で登板して4.1回を2安打2四死球4奪三振無失点、準決勝の日本通運戦に2番手で登板して1回2安打1四死球1失点の成績を残しています。

 

そして、2017年の日本選手権大会では、1回戦の日本生命戦に2番手で登板して、4回4安打1四死球3奪三振1失点の成績を残しましたが、試合は2対4で敗れています。

 

齋藤俊介投手は、最速149キロの直球に、多彩な変化球を織り交ぜる本格派右腕として注目され、横浜DeNAベイスターズから4位で指名され入団しています。

 

しかし、2018年2月の春季キャンプで右肘に炎症が起き、右肩も痛めたため、7月2日にクリーニング手術を受け、リハビリもあり、登板することなく、シーズンを終えています。

齋藤俊介投手の2軍成績は?

2019年は、23試合に登板し、27.1回で2勝0敗1セーブ、29被安打、9四死球、26奪三振、防御率4.28の成績を残しています。

 

防御率があまり良くないですが、開幕時はあまり調子が良くありませんでしたね。

 

昨年1年間投げていないので、その影響があったと思いますが、直近ではかなり調子を上げていました。

 

奪三振率が高いので、1軍での登板も期待できる感じですね。

齋藤俊介投手の1軍成績は?

齋藤俊介投手は、7月5日の巨人戦に8回から3番手で登板し、1回をノーヒット2三振に抑えています。

 

直球のスピードも、自己最速の151キロをマークし、今後の活躍が期待できる内容でした。

ラミレス監督も「予想を超えるすばらしいピッチング。初登板でアドレナリンが出ていたと思うけど、ああいうピッチングを続けてくれれば」と期待した。

出典 日刊スポーツ

齋藤俊介投手の球種は?

齋藤俊介投手は最速151キロの直球、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スピリットを持っています。

 

実戦向きで、中継ぎとして重用されそうですね。

齋藤俊介投手はひょうきん?

11月2日に行われた「ファンフェスティバル」では、齋藤俊介投手は「ひょっこりはん」に変身し、ひょうきんなところを披露しています。

最後に

齋藤俊介投手の活躍を見たい方は、DAZNに入会してみませんか?

DAZNは、プロ野球など130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上!

1ヶ月無料で、いつでも退会は可能ですよ!