埼玉西武ライオンズが、育成選手の齊藤誠人捕手を6月28日付で支配下登録したそうですね。

 

齊藤誠人捕手は、北海道の国公立大から初めてNPB入りする選手として、話題になった選手のようなんですが、正直あまり記憶がないんですよね。

 

今回は、埼玉西武ライオンズで支配下に登録された齊藤誠人捕手に注目しました。

齊藤誠人捕手のプロフィール

齊藤誠人(さいとう まさと)捕手は、1995年8月7日生まれの23歳。

 

北海道札幌市出身。

 

身長180cm、体重83kg、右投げ左打ち。

 

新背番号は78番。

 

齊藤誠人捕手は、札幌市立札苗小学校3年生の時に東ハリケーンで野球を始め、札幌市立札苗中学校時代は札幌北シニアでプレーしていますが、体が小さく非力だったため、10人しかいないチームの中で補欠だったそうです。

 

中学校卒業後は札幌光星高校に進学し、2年秋の新チームから主将となっています。

 

3年夏の南北海道大会では4番捕手として出場し、1回戦の小樽水産高校戦で3打数2安打2打点、準々決勝の駒大苫小牧高校戦で4打数1安打を記録していますが、準々決勝で敗退しています。

 

高校卒業後は北海道教育大学岩見沢校に進学し、1年春から2部リーグに出場!

 

主軸として、1年春のリーグ戦から5期連続、捕手としてベストナインに輝いていましたが、4年春に右手有鉤骨を骨折したため、4年春のリーグ戦は欠場し、4年秋DHでの出場となっていました。

 

その後、齊藤誠人捕手は周囲の勧めもあり、プロ志望届を提出!

 

高校・大学での実績がなく全国的に無名でしたが、遠投110m、二塁送球1秒75の強肩がスカウトの目にとまり、2017年ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから育成ドラフトで2位に指名され、入団しています。

 

齊藤誠人捕手の2軍成績は?

2018年

50試合 83打数17安打 1本塁打 8打点 1盗塁 9四死球 25三振 打率.205

 

2019年

53試合 116打数17安打 0本塁打 9打点 4盗塁 16四死球 31三振 打率.147

 

正直、打撃はあまり期待できるような成績は残していませんね。

最後に

埼玉西武ライオンズは、昨年、炭谷銀仁朗捕手がFAで巨人に移籍し、牧野翔矢捕手と中熊大智捕手(育成)をドラフトで獲得したものの、捕手不足が指摘されていました。

 

そのうえ、岡田雅利捕手が手術明けで春季キャンプは二軍スタート、中田祥多捕手も秋季キャンプで負傷するなどで、5月に星孝典2軍育成コーチと育成契約し、復帰させています。

 

今回の齊藤誠人捕手の支配下登録も、その流れなんでしょうね。

 

しかし、齊藤誠人捕手にとっては、この支配下登録はチャンスですよね。

 

このチャンスを生かして、1軍に呼ばれるように頑張ってほしいですね。