Sponsored Links

西武ライオンズとの交流戦でサヨナラヒットを打った巨人の大城卓三選手!

 

定評のあるバッティングで、見事にチャンスをものにして、ヒーローとなりましたね。

 

巨人というプレッシャーのかかるチームで大変だと思いますが、頑張ってほしいと思います。

 

今回は、西武との交流戦でサヨナラヒットを放った巨人の大城卓三選手に注目しました。

大城卓三選手のプロフィール

出典 http://www.giants.jp/

 

大城卓三(おおしろたくみ)選手は1993年2月11日生まれ。

 

身長187cm、体重89kgで、右投左打でポジションは捕手。

 

背番号は46番。

 

2歳上の兄である長男昌士さんの影響で、那覇市立城西小学校2年の時に兄建二さんと野球を始め、小学校6年生から捕手を始めています。

 

那覇市立首里中学校時代はヤングリーグSOLA沖縄に所属しプレー。

 

中学校卒業後は、東海大学附属相模高校に進学し、2010年には春夏連続で甲子園に出場。

 

2010年の春の選抜では、自由が丘高校に初戦敗退した東海大学附属相模高校でしたが、夏の甲子園では、阪神にドラフト2位指名された一二三慎太投手をリードで支えるとともに、4番に座り、22打数7安打10打点の活躍で準優勝に貢献。

 

東海大学附属相模高校卒業後は、東海大学に進学。

 

東海大学では3年秋からレギュラーとなり、4年春にリーグ戦で打率 .447で首位打者を獲得、4年秋も首位打者、MVPを獲得するなどする活躍を見せ、チームをけん引しました。

 

東海大学卒業後はNTT西日本に入社し、1年目から公式戦に出場。

 

1年目は戸柱恭孝選手(現 横浜DeNA)の控え捕手でしたが、戸柱恭孝選手がプロ入りした二年目は正捕手として定着し、強肩強打の捕手として、2017年の社会人日本代表に選ばれています。

 

そして、2017年10月のドラフト会議で、巨人から3位で指名され入団しています。

大城卓三選手の成績

年度 試合 打数 安打 本塁打 四球 三振 打率
2018 30 61 17 2 3 12 .279

 

大城卓三選手の成績を見ると、強打の選手らしく、少ない打数ながらホームランを2本打っています。

 

また、社会人出身ながらルーキーであることを考えると、打率も平均以上なので、対応力の高さがある選手です。

大城卓三選手は双子!

大城卓三選手の2歳上の兄である長男昌士さんは西部ガスで、次男の建二さんはトヨタ自動車でプレーしているそうです。

 

そして、大城卓三選手と次男の建二さんは双子なんです。

 

出典 トヨタ自動車公式野球部

 

双子だけあって良く似ていますね。

Sponsored Links

最後に

大城卓三選手は捕手として入団しましたが、打力を活かして外野手にコンバートするのもありだと思います。

 

巨人という名門球団に入ったことを生かすことができるかは、大城卓三選手次第です。

 

頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links