Sponsored Links

2018ジャカルタアジア大会の女子マラソンで、十八銀行の野上恵子選手が見事に2位となりました!

 

25日に行われた男子マラソンでは、井上大仁選手が32年ぶりの金メダルを獲得しましたが、野上恵子選手も続いた形となりましたね。

 

今回は、2018ジャカルタアジア大会の女子マラソンで銀メダルを獲得した野上恵子選手に注目しました。

野上恵子選手のプロフィール

 

出典 スポーツ報知

 

野上恵子(のがみ けいこ)選手は 1985年12月6日生まれの陸上競技選手。

 

兵庫県小野市出身。

 

身長160㎝、体重46kg。

 

所属は十八銀行。

 

小野市立市場小学校から小野市立小野南中学校を経て、須磨学園高校を卒業。

 

野上恵子選手は高校時代は目立った成績を挙げていない選手でした。

 

野上恵子選手が在籍していた須磨学園高校は、2003年の第15回全国高校女子駅伝で優勝していますが、野上恵子選手は補欠で3年間一度も出走することができませんでした。

 

そんな目立った成績を挙げることができなかった野上恵子選手は、高校卒業後に、長崎県長崎市の十八銀行に入社し、女子陸上競技部に入ります。

 

十八銀行女子陸上競技部には、扇まどか選手、林明佑美選手、藤田真弓選手などが在籍しており、野上恵子選手はトラックレースや駅伝のメンバーとして実力を付けていきます。

 

野上恵子選手の初マラソンは2015年3月8日の名古屋ウィメンズマラソン!

 

野上恵子選手は藤田真弓選手とともに、名古屋ウィメンズマラソンに出場し、2時間28分19秒の好タイムで日本人第4位の総合第6位で入賞を果たしています。

 

2年ぶりに出場した2017年名古屋ウィメンズマラソンでは、2時間32分01秒で12位に終わった野上恵子選手でしたが、8月に行われた2017年北海道マラソンでは2時間30分11秒で2位!

 

2017年11月に中国・東莞で行われた第16回アジアマラソン選手権では、日本代表として出場し、2時間29分05秒で2位、2018年3月に行われた名古屋ウィメンズマラソンでは2時間26分33秒で自己記録を更新し5位入賞しました。

 

野上恵子選手は名古屋ウィメンズマラソンで5位入賞を果たしたことが評価され、今回の2018ジャカルタアジア大会の日本代表に選ばれています。

 

そして、野上恵子選手は、2018ジャカルタアジア大会の女子マラソンで2位となりました!

野上はレース後、「メダルが取れてホッとしています。絶対メダルだけは獲ると思っていたので、最後まで諦めないと思って走りきりました」と振り返った。また、これまでを支えてくれた十八銀行のチームメイトには、「苦しい時も乗り越えたら、素晴らしい結果を残すことが出来るんだということを伝えたい」と語った。

出典 日刊スポーツ

Sponsored Links

最後に

野上恵子選手は、29歳でマラソン初挑戦した遅咲きのランナーです。

 

高校時代は大した成績を挙げることはできませんでしたが、十八銀行に入社後、徐々に実力を付けていったことが、2018ジャカルタアジア大会の女子マラソンの銀メダルにつながったのでしょう。

 

野上恵子選手の頑張りは、多くの人に夢を与えたと思います。

 

野上恵子選手、おめでとうございます。

Sponsored Links