Sponsored Links

ベガルタ仙台のFW・西村拓真選手が、本田圭佑選手が以前所属していたロシアリーグのCSKAモスクワへ移籍するそうです。

 

西村拓真選手は今期、得点ランキング4位となる11得点を挙げる活躍をしているので、ベガルタ仙台にとって西村拓真選手の流失は大きな痛手になりそうですね。

 

今回は、ロシアリーグのCSKAモスクワへ移籍することが濃厚となった西村拓真選手に注目しました。

西村拓真選手のプロフィール

出典 http://www.vegalta.co.jp/

 

西村拓真(にしむら たくま)選手は、1996年10月22日生まれの21歳のサッカー選手。

 

愛知県出身名古屋市出身。

 

身長178cm、体重72kg。

 

西村拓真選手は3歳上の兄である裕太さんの影響で4歳からサッカーを始め、 極楽小学校、高針台中学校時代は名東クラブに所属していました。

 

中学校卒業後は、名古屋グランパスのユースに行きたかったそうですが、自分の実力を考え、富山第一高校に進学しています。

中学まで愛知県で育ったが、「地元のグランパスのユースに行きたかったけど、僕の今の実力では獲ってもらえないだろう。でも将来にはやれる自信はあるので、グランパス(のユースチーム)と同じプレミアリーグに所属するチームに行きたい」と進路を摸索していたという。

そんな時、彼の祖母が富山に住んでいたことから富山第一という選択肢が浮上した。「祖母の家からなら通えるし、プレミアにも高校選手権にも出たいと思っていた」ということで、彼は富山に新天地を求めた。

出典 http://number.bunshun.jp/

 

西村拓真選手は高校2年生となったプレミアリーグ・ウエストで6得点を挙げる活躍をし、高校選手権では唯一の2年生レギュラーとして、富山第一高校の全国制覇に貢献しました。

 

高校3年生の時には、富山第一高校はインターハイ、高校選手権に出場できませんでしたが、プレミアリーグ・ウエストでは18試合中チーム19得点の半数を超える10得点を挙げる活躍を見せ、ベガルタ仙台の練習に参加した際にも、高評価を受けています。

右足の精度は仙台の選手に引けを取らず、何度もネットを揺らした。次々に「西村いいね!」と声が飛び、渡辺監督も「いいシュートを持っているし、視野も広い」と高く評価した。

出典 日刊スポーツ

 

2015年にはベガルタ仙台に加入し、2016年9月18日のヴァンフォーレ甲府戦で初ゴールを決めています。

 

2017年まではリーグ戦で3得点、リーグ杯で2得点でしたが、2018年はリーグ戦24試合に出場し11得点を挙げる活躍をしています。

 

2017年にはニューヒーロー賞を受賞し、今期の得点もベガルタ仙台の今季リーグ戦総得点の1/3を挙げるストライカーがいなくなるのは、ベガルタ仙台にとっては大打撃となりますが、西村拓真選手の希望を受け入れたということなんでしょうね。

最後に

西村拓真選手の移籍が濃厚なCSKAモスクワはリーグ6回、ロシア杯6回などの優勝を誇るロシアの強豪クラブ!

 

西村拓真選手が実力を付けるには良いクラブチームでしょう。

 

西村拓真選手は、ベガルタ仙台入団時に日本代表への夢を語っているそうですが、CSKAモスクワ移籍は、夢を実現するために必要なことなんでしょうね。

入団時、西村は日本代表入りの『夢』を口にしている。4年後、8年後の夢の舞台を目指して、研さんの日々は続く。

 「サッカーを始めたのも、そういう夢がきっかけ。昔と思いは変わらないです。もっと成長して、上に上に行きたい。守備も攻撃も全てできるようにしたい。得点も取れるし、ボールも収められるし、相手の嫌なことをずっとできるようになりたいです」

出典 スポーツ報知

Sponsored Links