Sponsored Links

巨人の西村健太朗投手が今期限りで現役引退するそうです。

 

西村健太朗投手は、今シーズン右肩痛の影響で1軍の登板がありません。

 

来期の構想から外れたことで、巨人一筋で来た西村健太朗投手も現役引退を決意したのでしょう。

 

今回は、今期限りで現役引退する西村健太朗投手に注目してみました。

西村健太朗投手のプロフィール

出典 http://takajinking9.hatenablog.com/

 

西村健太朗(にしむら けんたろう)投手は、1985年5月10日生まれの33歳。

 

広島県安芸郡府中町出身。

 

身長184㎝、体重94kg、 右投げ右打ち。

 

背番号は35番。

 

西村健太朗投手は、広陵高校で1年秋からエースとなり、甲子園には、春夏合わせて4回出場!

 

3年春の選抜大会では、横浜高校を破り優勝しています。

 

2003年ドラフト会議で巨人に2巡目に指名され入団。

 

プロ入り1年目の2004年から1軍に出場し始め、2005年9月のヤクルト戦でプロ初勝利をマークしています。

 

2007年からは中継ぎとして1軍に定着し、2008年は43試合に登板し、6勝2敗12ホールド、防御率3.00を記録!

 

2009年は右ひじの炎症があったことから、6月に内視鏡によるクリーニング手術を行い、11試合の登板にとどまりました。

 

また、先発を志願した2010年も14試合で4勝5敗、防御率4.52の成績で終わりました。

 

中継ぎに再転向した2011年は37試合に登板し、7勝5敗4ホールド、防御率1.82の好成績を挙げ、抑えを任された2012年には69試合に登板し、3勝2敗32セーブ12ホールド、防御率1.14の成績を残しています。

 

抑えに定着した2013年は、4勝3敗42セーブ10ホールド、防御率1.13で最多セーブのタイトルを獲得!

 

しかし、2014年からは成績が下降し、蓄積疲労の影響で2015年9月には右肘の遊離軟骨除去手術を行っていました。

 

西村健太朗投手はプロ野球通算、470試合に登板し、38勝34敗81セーブ77ホールド、529奪三振、 防御率3.12の成績を残しています。

西村健太朗投手の年俸は?

2013年に最多セーブのタイトルを獲得した西村健太朗投手ですが、どのくらいの年俸をもらっていたのでしょうか。

 

ちょっと調べてみました。

2004年      600万円

2005年      720万円

2006年         1000万円

2007年     1700万円

2008年         3000万円

2009年         3600万円

2010年          2800万円

2011年          2800万円

2012年     4000万円

2013年     8000万円

2014年    1億8000万円

2015年    1億3000万円

2016年    1億3000万円

2017年     7800万円

2018年     8600万円

出典 https://www.gurazeni.com/

 

やっぱり、タイトルを取った翌年は凄いですね。

 

年俸が1億円もアップしています。

 

1軍に1試合も出場していない今シーズンでも8600万円の年俸をもらっているなんて、うらやましいですね。

西村健太朗投手の嫁は?

出典 https://blogs.yahoo.co.jp/

 

西村健太朗投手は2006年12月に結婚しているようですね。

 

西村健太朗投手の嫁は京都府在住の野添央子さんで、央子さんは当時大学生だったようです。

 

2006年3月に共通の知人の紹介で知り合ってから、4月に交際を始め、その年の12月29日に婚姻届を提出していますから、交際8か月のスピード結婚になりますね。

「自分が会った中で、一番きれいな人だと思った。見た瞬間に一目ぼれしました」と西村。央子さんも「年下だけど、お父さんのような感じで、安心感が持てた」と好印象を抱いた。央子さんは京都市内に住む大学生だったため、電話とメールで互いに思いを募らせていった。昨季、西村は開幕2軍スタートとなった。4月1日、ジャイアンツ球場の開幕戦となったイースタン、インボイス戦に央子さんを招待。見事、自身プロ初となる完封勝利をプレゼントした。その好投を勇気にして翌2日、西村から愛を告白し、交際をスタートさせた。付き合っていく中で「本当に優しくて一途(いちず)」な性格にひかれていった西村。お互いを「パパ」「ヒメ」と呼び合い、仲を深めていった。 東京と京都の遠距離恋愛―。そんな“障害”もモチベーションに変えた。ファームで結果を残し、4月29日に1軍昇格を果たすと、シーズン終了までずっと帯同し続けた。「1軍にいることで、関西への遠征が増える。それも自分にとって支えになりました」と振り返る。愛する人への思いが、本職にも好影響をもたらした。 05年の2勝から、5勝(7敗)と着実に階段を上った昨季終了後、さらなるステップを踏むために大きな決断を下した。「思いやりがあって、僕を支えてくれる。この人しかいない」と結婚を決意し、プロポーズ。央子さんから返事をもらえたため、ジャイアンツ寮を退寮。昨年12月に都内のマンションへ引っ越すとともに、原監督へ報告し、同12月29日に婚姻届を提出。3月に大学を卒業する央子さんとの新生活へ向けた準備は整っている。

出典 https://blogs.yahoo.co.jp/hiro46490325/45344704.html

Sponsored Links

最後に

西村健太朗投手は、よく頑張りましたよね。

 

2度の手術を経験しながら、中継ぎ、抑えと働きました。

 

晩年は、右肩痛に悩まされながらも、昨年は45試合に登板しています。

 

西村健太朗投手にはお疲れ様といいたいですね。

 

 

 

 

Sponsored Links