Sponsored Links

9月18日の「ごごナマ おしゃべり日和」のゲストは、俳人の夏井いつきさん!

 

夏井いつきさんといえば、浜田雅功さんがMCを務める「プレバト!!」の俳句コーナーでの辛口コメントが痛快ですよね。

 

今回は、「ごごナマ おしゃべり日和」に出演する俳人の夏井いつきさんに注目してみました。

夏井いつきさんのプロフィール

出典 https://anincline.com/

 

夏井いつきさんは1957年5月13日生まれの俳人。

 

愛媛県松山市在住。

 

宇和島東高校を経て、京都女子大学文学部国文科卒業。

 

本名は加根伊月。

 

夏井いつきさんは、大学卒業後は中学校の国語の教師として働いていたそうです。

 

そして、25歳の時に教師をしていた男性と結婚しています。

 

夏井いつきさん夫婦は2人の子供に恵まれ、幸せな生活をしていたそうです。

 

また、夏井いつきさんは、長女がお腹にいる産休の時に、書店でふと手に取った俳句雑誌をきっかけに独学で俳句を愉しんでいたそうです。

「句が入選して、黒田杏子先生が丁寧な解説を書いてくださったんです。本当にうれしくて弟子入りできたような気持ちになり、そこから真剣に俳句に取り組み始めました」

出典 女性自身

 

その後、夏井いつきさんの夫の父親が亡くなったことで、姑がショックで老人性うつになり、夏井いつきさん夫婦と2人の子供は、姑の家に引越しすることになります。

 

悪いことは重なり、今度は夏井いつきさんの実の母親も脳腫瘍を患い、引き取ることになってしまいました。

 

そして、姑と夏井いつきさんの実の母親が合わない性格同士で、夫もやがて「うつ」となり、それぞれの親を引き取って離婚することになったそうです。

「舅が亡くなり、姑が老人性うつになってしまった。一方、一人暮らしだった私の母も脳腫瘍で手術し、後遺症が残ったので引き取ることに。この2人がどうしても合わないんです。帰宅すると、母がお仏壇の前であおむけになってワーワー泣いて、お姑さんが仁王立ちになって怒っている場面に出くわしたこともあります」

不安定な家庭環境にさまざまな要因も加わり、やがて夫もうつ状態に。繊細な長女も不登校になってしまう。

「これはもう無理だと、ひとまずお互いの親をそれぞれで面倒みることになりました。私は学校を辞め、俳句の仕事場のつもりで借りたアパートに、まず母親を移したんです」

朝は家で食事を作り、鍋に半分入れてアパートへ行く。仕事をしながら夕飯を作り、母親に食べさせて、残りをまた鍋に入れて持ち帰る日々が続いた。だが、夫から「家族から解放されたい」と言われ、結局、離婚に踏み切る。アパートに子どもたちを引き取り、母親と4人の生活が夏井さんの肩にのしかかった。

出典 女性自身

 

学校を辞めてしまったことで、夏井いつきさん一家の生活は苦しくなり、夏井いつきさんの句会の指導料や講演会の謝礼が収入源という状況になってしまいました!

「離婚して突然、俳句で稼ぐしかないという窮地に追い込まれました。スケジュールが白いのが恐怖で。家賃が払えず出ていかなくてはいけない夢を何度も見ましたよ」

出典 女性自身

 

苦しい生活を続けていた夏井いつきさんでしたが、次の仕事につなげるため話術を磨いたり努力を怠らなかった結果、徐々に、学校を中心に句会ライブの声がかかったり、テレビやラジオの仕事が増えるようになってきました。

 

1999年には俳句集団「いつき組」を結成し、全国の小中高校生を対象とした俳句の授業を展開し、1999年から2001年まではNHK教育テレビ「天才てれびくんワイド(俳句道場・俳句大賞)」で2年間レギュラー出演していました。

 

2013年からは、毎日放送制作の「プレバト!!」で俳句部門の査定を担当しブレイク!

 

2017年には帝塚山学院大学の客員教授に就任しています。

 

受賞歴は1994年に「俳壇賞」を受賞、1999年に黒田杏子主宰「藍生」俳句会結社賞受賞、第四回「藍生」賞を受賞、2005年に NHK四国ふれあい文化賞受賞など。

夏井いつきさんの夫は?

夏井いつきさんの現在の夫は、CMプロデューサーだった加根光夫(本名 加根兼光)さん!

 

加根光夫さんは、1949年7月20日生まれで大阪府堺市出身。

 

関西大学法学部法律学科を卒業した後、博報堂の関西支社に勤務していたようです。

 

CMチーフプロデューサーとして、1000本以上のCM制作に携わっていた方です。

 

加根光夫さんの代表作は、中村玉緒さんが出演していた「マロニーちゃん」!

 

夫の加根光夫さんが2003年頃に、夏井いつきさんにネットテレビへの出演をオファーするため、松山まで足繁く通ううちに、2人の関係は深まっていったようです。

夏井いつき先生は46歳(2003年)の頃、現在の夫・加根光夫さんと出会った。加根さんはCMプロデューサーとして働いており、代表作はマロニーちゃんのCM。ネットテレビへの出演のため夏井先生をオファーしたのだった。事情により実現しなかったが、加根さんは夏井先生に惚れ込み大阪から松山まで足繁く通った。加根さんは夏井先生に猛アプローチをかけ、次第に惹かれ合った。

夏井いつき先生と結婚し家族になる事にこだわった加根さん。一方、夏井先生は二度と結婚しないと心に誓っており、たくさんの困難を抱える自分を見れば諦めるはずと自宅に招いた。夏井先生の暮らしぶりを目の当たりにした加根さんはおもむろに料理を行い、子どもらの胃袋をガッチリと掴んだ。出会いから3年後、家族とも打ち解けると夏井先生にプロポーズ、再婚しない理由を1つづつ潰し2006年に結婚した。

出典 https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/68005/1005706/

 

夫の加根光夫さんは定年退職で博報堂を辞めた後、家事だけでなく、マネージャーとして夏井いつきさんをサポートしています。

 

2014年7月には、株式会社夏井&カンパニーを設立し、夫の加根光夫さんは代表取締役、夏井いつきさんは取締役に就任しています。

Sponsored Links

最後に

「プレバト!!」の辛口コメントとは全く違って、苦労されてきた方だったのですね。

 

そして、良い夫に恵まれたように感じます。

 

「ごごナマ おしゃべり日和」の放送を楽しみに待ちたいと思います。

Sponsored Links