Sponsored Links

ダイヤモンドバックス傘下の2Aジャクソンを解雇となり、DeNAの入団テストを受けていた中後悠平投手が、入団テストに合格したようです。

 

中後悠平投手は、メディカルチェックを受けて、問題がなければ、晴れてDeNAの一員になれそうですね。

 

現在、DeNAは借金5の4位。

 

先発が崩れて、リリーフ陣が登板過多状態になっています。

 

ファームに落ちたエスコバー投手や砂田投手が調子を落としている状態なので、入団できれば、中後悠平投手は貴重な左の中継ぎとして、機能できそうですね。

 

今回はDeNAの入団テストに合格し、メディカルチェック待ちの中後悠平投手に注目しました。

中後悠平投手のプロフィール

出典 http://number.bunshun.jp/

 

中後悠平(なかうしろ ゆうへい)投手は1989年9月17日生まれの28歳。

 

大阪府泉南郡熊取町出身。

 

小学5年生の時に、双子の兄とともに少年野球チーム「熊取ベアーズ」で野球を始め、熊取北中学校時代は、「貝塚シニア」に所属。

 

変則フォームにしたきっかけは、中学時代に所属していた「貝塚シニア」の監督から勧められたからのようですが、結局ものにならずに、中後悠平投手自身で改良を加え、今の投球フォームになったようです。

 

熊取北中学校卒業後は近大新宮高校に入学し、2年夏からのベンチ入り。

 

3年夏の和歌山大会では控え投手として登板し、チームの準々決勝進出に貢献しましたが、準々決勝で敗退し、甲子園出場は叶いませんでした。

 

近大新宮高校卒業後は近畿大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場。

 

2年春には、10試合中9試合に登板するフル回転の働きで、3勝0敗、防御率1.47の好成績を挙げ、MVPを受賞しています。

 

近大でのリーグ戦通算成績は50試合で、19勝13敗、260奪三振、防御率1.48を記録。

 

最速151km/hの速球とスライダー、シンカー、カーブ、チェンジアップと多彩な変化球を持ち、スリークォーター、サイドスロー、アンダーと腕の位置を変える変則左腕として、プロからも高く評価を受け、2011年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから2位指名を受け入団しています。

 

ロッテ入団後は即戦力として期待され、2012年3月31日の東北楽天ゴールデンイーグルスで一軍公式戦デビュー。

 

4月22日の埼玉西武ライオンズ戦では1点ビバインドで登板し、チームが逆転して、勝利投手となっています。

 

プロ入り初年度の2012年は、27試合の登板で2勝5ホールドを記録しましたが、左肩を負傷したことにより入団2年目となった2013年は二軍で過ごすことが多くなり、1軍では5試合に登板し、防御率18.00の成績しか挙げられませんでした。

 

そして、翌年の2014年も4イニングのみの登板で、2015年には一軍公式戦への登板機会のチャンスも与えられずに、10月3日に球団から戦力外通告を受けています。

 

ロッテ退団後は現役続行を希望し、12球団合同トライアウトに参加したものの、NPB球団からのオファーがなく、12月17日付でBCリーグの武蔵ヒートベアーズに入団。

 

ところが、人の人生というのは分からないものですね。

 

中後悠平投手は、この時にTBSの「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」の取材を受けていましたが、「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」を見た日本在住のスカウト関係者に、中後悠平投手の独特のフォームと投球が注目され、メジャースカウトに売り込んだところ、ダイヤモンドバックスなどが興味をひき、中後悠平投手の投球練習を視察したいと申し入れがあったそうです。

 

2016年2月にはダイヤモンドバックスなど3球団のスカウトが視察するなか、投球練習を披露。

 

その結果、ダイヤモンドバックスが非公式ながらメジャーチームのスプリングトレーニングへのオファーがあったそうです。

 

中後悠平投手はスプリングトレーニングへの参加を武蔵ヒートベアーズに了解を得て決断し、3月1日にはダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んでいます。

 

その後、中後悠平投手はダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに3年連続で参加し、メジャーデビューの夢実現に向け奮闘しますが、2018年は2Aのジャクソンでも24試合の登板で1勝1敗、防御率5.29と成績が振るわなかったため、6月21日付でダイヤモンドバックスを解雇されています。

中後悠平投手の嫁がかわいいと評判

出典 http://www.tbs.co.jp/

 

中後悠平投手の嫁は元保育士の光さんで、中後悠平投手がロッテを退団する2015年4月22日に結婚しているそうです。

 

画像で見ても、なかなかかわいいですよね

 

でも、結婚してわずか半年で夫が職を失うことになるとは、嫁の光さんも思っていなかったことでしょうね。

 

このとき、中後悠平投手と光さんの間で、子供も誕生しているので、大変だったと思います。

最後に

中後悠平投手は変則左腕ということで、需要はありそうですね。

 

ただ、コントロールが課題のようですね。

 

かわいい嫁さんと子供のためにも、せっかくのチャンスを生かしてもらいたいと思います。

Sponsored Links