Sponsored Links

史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校の新主将に、中野波来選手が選出されたそうです。

 

中野波来選手は、100回記念大会でもベンチ入りを果たした右のスラッガー!

 

今回は、大阪桐蔭高校の新主将に選出された中野波来選手に注目しました。

中野波来選手の読み方は?

出典 http://www.imgoor.com/

 

中野波来選手の読み方は、「なかの はる」と読むそうです。

 

中野波来選手の父親が「たこフェリー」の船長を務め、母親がサーフィンが得意だったことから「波来」と名付けられたようですね。

中野波来選手のプロフィール

中野波来選手は2001年4月19日生まれの17歳。

 

身長176㎝、体重75㎏、右投げ右打ち。

 

淡路市立石屋小学校の時は軟式野球の岩屋フェニックス、淡路市立石屋中学校時代は明石ボーイズに入っていました。

 

明石ボーイズ時代はエースとして活躍し、春の全国大会で優勝に導いています。

 

大阪桐蔭高校入学後は1年秋からベンチ入り。

 

春の大阪大会準決勝の大体大浪商戦では、左翼へ3ランを放っているそうです

 

また、中野波来選手は中学から続けるヨガの呼吸法が冷静さのひけつなんだそうです。

最後に

中野波来選手は左投手に強いスラッガーで、大阪桐蔭高校の次代のクリーンアップ候補!

 

層の厚い大阪桐蔭高校で頑張ってきた中野波来選手ですが、新主将として頑張ってほしいですね。

Sponsored Links