Sponsored Links

「ハーレーダビッドソン新宿」を経営していた株式会社村山モータースが倒産したそうです。

 

私も自動二輪の免許は持っていますが、最近は全くといっていいほど、バイクに乗らなくなりました。

 

バイクは趣味の世界なので、乗らなくなる方も多いですよね。

 

でも、株式会社村山モータースといえば老舗ですよね。

 

何でも、1992年の7月期には年売上が約24億2600万円を計上していたのが、2017年7月期の年売上は約3億7600万円に落ち込んでいたそうです。

 

最盛期の1/6になってしまうと、やっぱり経営もツライですよね。

 

今回は、倒産してしまった株式会社村山モータースについて調べてみました。

株式会社村山モータースとは?

 

株式会社村山モータースは、渋谷区幡ヶ谷1-7-5に本社がある資本金5000万円の会社ですね。

1951年
日本軽発動機(株)で製造のスミダ・ミシマ号メグロ等の国産オートバイの販売・修理を創業者村山栄一が開始する。

1953年
株式会社村山モータースに改組・改名

1954年
NORTON、ROYAL ENFEILD の販売特約店となる

1955年
東京トライアルクラブ発足

1957年
バルコムトレーディング社と国内特約代理店契約を締結
BSA 、BMWの販売を開始する

1958年
TRIUMPH の当時のインポーター・三国商工との取引開始

1959年
正規輸入はまだでしたが、ハーレーの修理は行っておりました。
すでにパンヘッドエンジンの時代ですが、当時修理に入ってくるH-Dはナックルやサイドバルブが多かったようです

1962年
バルコムトレーディング社が戦後初めてHARLEY-DAVIDSONの正規輸入開始。
HARLEY-DAVIDSON の国内販売代理店となる当時都内にはH-Dの特約店は弊社村山モータース、陸友モータースさん、小川屋さん(現在は廃業)の3社しかありませんでした。

1965年
東京トライアルクラブ新潟支部開設

1966年
東京トライアルクラブ静岡支部開設

1967年
NORTON VILLIER LTD.と正式に日本総代理店契約を締結
NORTON 、MATCHLESSの輸入販売を開始する

1972年
TRIUMPH ENGINEERING LTD.と日本総代理店契約を締結。
TRIUMPHの輸入販売を開始
MECCANICA VERGHERA SPA.と日本総代理店契約を締結。
MV AGUSTAの輸入販売を開始
DUCATI MECCANICA SPA.と取引を開始。
DUCATI開始初オーダーはDUCATI 750S 5台。

1973年
キング・オブ・ザ・ハイウェイクラブ発足当時の日本における
FL乗りのスタイルを築いたクラブ

1974年
東京トライアルクラブ群馬支部開設

MOTO LAVERDA SPA.と日本総代理店契約を締結。
LAVERDAの輸入販売を開始

1976年
スペイン・MOTO TRANS製のDUCATI の輸入開始

1977年
キング・オブ・ザ・ハイウェイクラブ新潟支部設立

1978年
ショールーム、事務所を移転

1979年

東京トライアルクラブ四国支部開設

1980年
KREIDLER WERKE GMBH 取引開始

1981年
H-D社バイバック(自社買い戻し)発表

1982年
AMAZONES国内販売権を獲得

1983年
HESKETHの日本販売権を獲得

1984年
鈴鹿8H耐久レースに”DUCATI-ムラヤマ レースチーム”プライベート参加

キング・オブ・ザ・ハイウェイクラブ栃木支部結成

1985年
村山モータース横浜営業所開設

1987年
NORTON、MATCHILESS の輸入を再開

1989年
村山モータース八王子営業所開設

1990年
横浜営業所を港南区日野に移転

1994年
HARLEY-DAVIDSON MOTOR CO.(ハーレー本社)より
永年功労賞を受賞

1997年
HARLEY-DAVIDSON 専売店
ハーレーダビッドソン新宿 オープン

横浜営業所閉店

1999年
先代社長 村山栄一 急逝

笹塚ショールーム及びサービス工場を現在の渋谷区幡ヶ谷へ移転

2003年

村山モータース創業50周年

出典 全国自動二輪公友会フェイスブック

 

株式会社村山モータースの現在の代表は矢部泰幸氏ですが、1999年に創業者の村山栄一氏、2015年には先代社長で村山栄一氏の息子の村山雅一氏が亡くなられているようです。

最後に

株式会社村山モータースの負債は、2017年7月期末時点で約1億4600万円のようです。

 

2017年7月期末時点ですから、負債はさらに多くなるかもしれません。

 

時代の流れかもしれませんが、なんか悲しいですね。

Sponsored Links