Sponsored Links

ヤクルトのドラフト1位・村上宗隆選手が、いよいよ1軍に初昇格するそうです。

 

村上宗隆選手は、今年入団1年目ながら、ファームで17本塁打放っているヤクルト期待のスラッガー!

 

今回は、1軍に初昇格する村上宗隆選手に注目してみました。

村上宗隆選手のプロフィール

出典 https://baseballmaniaa.com/

 

村上宗隆(むらかみ むねたか)選手は2000年2月2日生まれの内野手。

 

熊本県熊本市出身。

 

身長188cm、体重97kg、右投げ左打ち。

 

背番号55。

 

村上宗隆選手は託麻南小学校4年から野球を始め、長嶺中学校では熊本東リトルシニアでプレーしていました。

 

九州学院高校では1年夏からベンチ入りし、1年夏の甲子園では4番一塁手として出場しましたが、初戦で敗退しています。

 

1年秋には捕手にコンバートされ、2年秋からは主将になっていますが、2年秋の熊本大会では、準決勝で秀岳館高校に0対1で敗れ、ベスト4止まり。

 

3年夏の熊本大会でも、決勝で秀岳館高校に1対3で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

村上宗隆は高校通算52本塁打、二塁送球1秒85の強肩強打の捕手として注目され、2017年ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに1位指名され入団しています。

村上宗隆選手のファーム成績

2018年 試合数96 打数360 安打104 本塁打17 打点70 三振82 四死球59 盗塁16 打率.289 失策10

 

村上宗隆選手は、高校通算52本塁打のバッティングを生かすため、捕手より守備の負担の少ない三塁手に、プロ入り後コンバートされています。

 

その期待に応えるように、ファームでは本塁打17本、打点70と傑出した打撃を見せています。

 

また、盗塁数が16と意外に走れる選手なんですね。

 

ただし、ファームで失策が10あるので、守備は鍛える必要がありそうです。

村上宗隆選手の父親は?

村上宗隆選手の父親の公弥さんは、熊本の強豪校でショートを守っていたそうですが、1年の時に右肩を怪我して野球を諦めたという経験があるため、子供に野球を強制したことはないそうです。

 

しかし、公弥さんの父親が警察官で礼儀やマナーに厳しかったため、礼儀作法にはうるさかったそうです。

「私の父が警察官で礼儀やマナーに厳しかった。食事はちゃぶ台を囲んで父が上座に座り、正座して食べた。箸の持ち方に始まり、ご飯は一粒残さず食べるのは当たり前。次男のムネ(宗隆)たち3兄弟を育てるにあたり、礼儀作法がしっかりできる人間になって欲しいと思い、彼らが小学生のころまでは口酸っぱく言ってきた。ときには手を上げたこともあります」

出典 日刊ゲンダイ

 

現在、父親の村上公弥さんは、村上宗隆選手が中学時代に在籍していた熊本東リトルシニアの副理事を務めているそうですが、本業は不動産会社を経営しています。

 

父親の村上公弥さんの不動産会社は、「ムラカミ不動産」という会社のようですね。

 

村上公弥さんのプロフィールを見ると、熊本工大高校(現 文徳高校)出身なんですね。

 

また、村上公弥さんの画像を見ると、村上宗隆選手に似ていると思います。

Sponsored Links

最後に

村上宗隆選手は入団1年目としては、よくやっていると思います。

 

ただし、ファームと1軍では投手の球のキレやコントロールは全く違うと思います。

 

頑張って、1軍での活躍を期待したいですね。

Sponsored Links