Sponsored Links

香港のトップジョッキーで、「マジックマン」の異名を持ち、香港で「雷神」とも呼ばれているジョアン・モレイラ騎手が、今秋のJRA騎手免許試験の受験をするそうです。

 

もし、ジョアン・モレイラ騎手がのJRA騎手免許試験に合格したら、2015年にJRA通年免許を取得したミルコ・デムーロ騎手・クリストフ・ルメール騎手に続いて、3人目になりますね。

 

ミルコ・デムーロ騎手は2013年10月に、最初のJRA騎手免許試験を受験し不合格になっています。

 

というのも、2013年当時のJRA騎手免許試験は、1次の筆記試験が英語による受験ができなかったたためです。

 

日本語を話せても、日本語で筆記試験に合格するというのは至難ですよね。

 

このため、2013年までは外国人騎手がJRA騎手免許試験を合格するには、ハードルが高すぎました。

 

JRAの方でも、外国人騎手がJRA騎手免許試験に合格しやすくするため、2014年から要領を改正し、1次の筆記試験要領に英語による受験も可と明記したそうです。

 

その結果、ミルコ・デムーロ騎手・クリストフ・ルメール騎手はJRA騎手免許試験に合格し、通年騎乗で、現在大活躍していますよね。

 

ジョアン・モレイラ騎手も、日本での騎手免許取得が厳しいことであることは理解しているようで、香港での免許申請を行わないという退路を断っての受験となるようです。

ジョアン・モレイラ騎手とは?

出典 JRA

 

ジョアン・モレイラ騎手は、1983年9月26日にブラジルで生まれました。

 

ジョアン・モレイラ騎手の父親が早くに亡くなったため工場で働いていたそうですが、14歳の時に騎手を志し、2000年に騎手デビュー。

 

サンパウロのリーディングに4年連続輝いたほか、9年間で1000勝以上を挙げています。

 

2009年にシンガポールに移籍し、翌年シンガポール年間最多勝記録を塗り替える116勝を挙げ、リーディングジョッキーに!

 

2012年には最多勝記録を206勝まで積み上げ、2013年9月6日にはシンガポール記録となる騎乗機会全勝の8戦8勝を達成しています。

 

2013年10月には香港に移籍し、翌2014年シーズンには香港シーズン最多勝記録となる145勝、2015年シーズンには168勝、2016年シーズンには170勝と最多勝記録を更新し、リーディングジョッキーとなっています。

 

2016年チャンピオンズマイルをモーリスで、同年香港ヴァーズをサトノクラウンで、2017年クイーンエリザベス2世カップをネオリアリズムで、ドバイターフをヴィブロスで、オークレイプレートをシェイデルで、スチュワーズカップをシーズンズブルームで制しており、トップジョッキーとして活躍しています。

Sponsored Links

最後に

ジョアン・モレイラ騎手は、今年のJRA騎手免許試験に不合格となっても、再びチャレンジする予定のようです。

 

それだけ、日本のマーケットに魅力を感じているのでしょう。

 

デムーロ騎手やルメール騎手の活躍が刺激になっているでしょうし、日本でも2016年8月27日、28日にJRA最多タイ記録となる騎乗機会7連勝をマークしていることから、JRA騎手免許試験に合格すれば活躍できる自信があると思います。

 

ただ、デムーロ騎手やルメール騎手だけでも席巻されているのに、ジョアン・モレイラ騎手まで通年騎乗となったら、日本人騎手はさらに苦境に立つでしょうね。

 

でも、「マジック・マン」ジョアン・モレイラ騎手の騎乗を通年で見てみたい気持ちもありますね。

Sponsored Links