Sponsored Links

よく、お菓子や化粧品などにモンドセレクション金賞受賞とか載っていますよね。

 

モンドセレクションって何かスゴイ賞なのかと思いますよね。

 

でも、モンドセレクションって、お金を払えば金賞を受賞できるという話を聞きました。

 

本当なんでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

モンドセレクションとは?

モンドセレクションは、1961年にベルギー経済省とEC(欧州共同体)の支援によりベルギーの首都ブリュッセルに設立された国際的評価機関で、食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体のようです。

 

審査は応募されたものに限られ、シェフ、大学教授、醸造学者、醸造技術者、栄養学者、栄養士など70名以上の専門家により行われます。

 

応募費用は1製品ごとに1,200ユーロ、3点目以降は1,050ユーロになるそうです。

 

1ユーロ139円で1,200ユーロを換算すると、166,800円となり、1製品当たり17万円弱が応募費用としてかかることになりますね。

 

味、健康強調表示、使いやすさ、表示、パッケージおよび革新性などの面から製品は評価され、平均得点が90点以上の製品に優秀品質最高金賞、平均得点が80点~89点の製品に優秀品質金賞、平均得点が70点~79点の製品に優秀品質銀賞、平均得点が60点~69点の製品に優秀品質銅賞が授与され、受賞者は3年間、製品にこの優秀品質ラベルを表示することができることになっています。

2017年のモンドセレクションの審査結果は?

2017年は89カ国から2,965点の応募があり、優秀品質最高金賞が420点、 優秀品質金賞が1,368点、優秀品質銀賞が737点、 優秀品質銅賞が166点の評価がありました。

 

実に、60%以上がモンドセレクションの優秀品質金賞を受賞していることになります。

 

そして、90%以上がモンドセレクションの何らかの賞を受賞しています。

 

つまり、応募して賞が取れなければ逆に恥ずかしいということです。

 

これでは賞の権威もあったものではありません。

 

また、2017年のモンドセレクションの審査結果の統計を見ると、ヨーロッパやアメリカなどの応募は少なく、アジアからの出品が突出しています。

 

おそらく、日本からの応募が多いのでしょう。

 

これでは、モンドセレクションをお金を払えば受賞できるといわれても、うなずくしかありませんね。

Sponsored Links

モンドセレクションを受賞するメリットとは

60%以上がモンドセレクションの優秀品質金賞を受賞し、90%以上がモンドセレクションの何らかの賞を受賞していることに対し、受け取れる賞が多すぎるという批判が多い中で、日本の中小企業がモンドセレクションに応募し続けるのはメリットがあるからです。

 

モンドセレクションを受賞することで、商品の品質が保証されるだけでなく、知名度もアップします。

 

いわゆる拍が付くというやつですね。

 

モンドセレクション受賞ということで、注目され、売上を伸ばしているケースも多いそうです。

 

そう考えると、モンドセレクション受賞は1つの戦略です。

 

必ず、お金を払えば、モンドセレクションは受賞できるとはいえませんが、限りなく近いものだと思いました。

 

Sponsored Links