Sponsored Links

河津桜といえば、伊豆の河津桜が有名ですよね。

 

私も以前は、河津まで足を伸ばして、河津桜を見に行った時があります。

 

確かに、河津町の河津桜は綺麗なんですが、河津まで行くのに時間がかかるというのが難点ですよね。

 

また、どうせ行くなら、見頃の時期に行きたいですけど、見頃の時期と休みがうまくかみ合わないことが多いんですよね。

 

そのため、最近は河津町の河津桜には行っていません。

 

近くの三浦海岸でも、十分に綺麗な河津桜を堪能できます。

三浦海岸桜まつり2018の開催時期は?

出典 三浦市

 

三浦海岸でも桜まつりを開催しています。

 

三浦海岸桜まつりは今年で第16回を迎えるそうです。

 

三浦海岸桜まつり2018の開催時期は2月5日(月)~3月4日(日)までとなっています。

 

三浦海岸駅から小松ヶ池公園にかけて、1,000本の河津桜が線路沿い約1kmに渡り植えられていますが、同時期に菜の花も見頃を迎えるので、ピンクと黄色の花が楽しめます。

 

天気が良い日は澄み切った青空にピンクの河津桜と黄色い菜の花が映えて、インスタにもおすすめですよ!

三浦海岸桜まつり2018のアクセスは?

電車の場合は、京浜急行「三浦海岸駅」で下車して徒歩10分です。

 

小松ヶ池公園までは徒歩15分となっています。

 

お車の場合は、横浜横須賀道路「佐原IC」から国道134号線で三浦海岸方面へ。

三浦海岸桜まつり2018の駐車場は?

三浦海岸桜まつりには、昨年30万人の方が期間中に来場されたようです。

 

このため、土日は周辺道路の混雑が予想されるため、三浦市では公共交通機関での来場を呼びかけています。

 

といっても、臨時駐車場は毎年設置されているようです。

 

2017年は臨時駐車場が2か所設けられていたようですね。

 

三浦海岸駅北側に収容台数300台の臨時駐車場、小松ヶ池公園手前に収容台数150台の臨時駐車場がありました。

 

今年はパンフレットが見つからないので、2017年のパンフレットを貼っておきます。

2017年のパンフレット

河津桜夜間ライトアップは?

三浦海岸桜まつり2018では、夜間ライトアップを行う予定になっています。

 

京急三浦海岸駅前は、2月5日(月)~3月4日(日)の毎日 17時00分~21時00分の間、線路沿いは2月10日(土)~2月28日(水)の毎日 17時30日~20時30分の間夜間ライトアップを行う予定ですが、線路沿いのライトアップのみ、天候により中止の場合があるようです。

河津桜の開花状況は?

2月20日現在、三浦海岸の河津桜は7~8分咲きになっているそうですよ!

 

出典 三浦市観光協会フェイスブック

 

三浦海岸桜まつりの口コミ

関東で河津桜を観るなら、ここが綺麗だと思います。

三浦海岸駅から歩いて20分くらいで、ちょっと遠いですが、観るだけの価値は十分にあると思います。

河津桜が開花する時期は桜まつりも開催されていて、地元の特産品を販売する店など出店しています。

また、トイレは混みますので、事前に済ませておいた方がいいと思います。

 

河津桜が見頃と聞いて、2月上旬に行ってきました。

平日なのに、ツアー客が来ていて、多くの人でにぎわっていました。

三浦海岸駅から小松ヶ池公園まで、河津桜と菜の花をみながら、ゆっくり回っても2時間ほどの散歩コースです。

河津桜と菜の花が綺麗に咲いていて、とても癒されました。

 

河津桜と菜の花の競演が素晴らしいと思いました。

公園では桜祭りが開催されていて、シートを広げたグループがお弁当を食べていました。

桜のピンク、菜の花の黄色に、京急赤が加わり、見事なコントラストになっています。

Sponsored Links

最後に

三浦海岸の河津桜は、「三浦海岸まちなみ事業協議会」という有志のグループが三浦海岸地区を元気づけようと、1999年から植栽を始めて、2002年から三浦海岸桜まつりが始まったようです。

 

気になった方は、河津桜と菜の花の競演を観に来てくださいね。

 

でも、三浦半島といっても寒いですから、防寒対策は忘れずに!

Sponsored Links