Sponsored Links

1月には睦月という呼び方もありますよね。

 

睦月(むつき)は旧暦1月の異称で、2月は如月、3月は弥生、4月は卯月、5月は皐月、6月は水無月、7月は文月、8月は葉月、9月は長月、10月は神無月、11月は霜月、12月は師走と呼ばれています。

 

睦月の他にも、1月には霞初月(かすみそめづき)、太郎月(たろうづき)、早緑月(さみどりづき)、建寅月(けんいんづき)などの呼び方があるようです。

 

では、最初に戻って、睦月ってどんな意味があるのでしょう。

 

他の如月や弥生などについても調べてみました。

睦月(むつき)の意味は

睦月は年始ということもあり、親戚が集まって親睦を図るという意味で睦月と付けられたという説が有力のようです。

 

他にも、初めて稲の実を水に浸す月の実月(むつき)が転じて睦月となった説や元つ月(もととつき)が略されたという説、草木の芽が萌ゆる萌月(もゆつき)が略されたという説などがあります。

如月(きさらぎ)の意味は

2月はまだ寒いこともあり、着物を更に着ることから衣更着(きさらぎ)とする説や草木の芽が張り出すことから草木張月(くさきはりづき)が変化した説、気候が陽気になっていくことから気更来(きさらぎ)から付いた説などがあります。

弥生(やよい)の意味は

弥は「いよいよ」「ますます」の意味があり、3月は草木が生い茂る月であることから、木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)が略され弥生となった説が有力であるそうです。

卯月(うづき)の意味は

卯の花が咲く月であることからという説が有力のようですが、その他にも十二支の四番目が卯であることからとする説や田に稲の苗を植えることから植月(うつき)から付いた説などがあるようです。

皐月(さつき)の意味は

田植えを行う月であることから、早苗(さなえ)を植える月が転じて皐月となった説や「皐」は「神に捧げる稲」という意味があることから皐月とついたという説があります。

水無月(みなづき)の意味は

水無月の無は「なし」ではなく「の」意味で水の月という意味だそうです。

 

田植えが終了して田に水を張ることからという説や田植えを完了し仕事を終えた皆仕尽(みなしつき)という説があるようです。

文月(ふみづき)の意味は

七夕に因んで短冊に歌や詩を記し星に献じたり、書物を夜風にさらして書道の上達を祈った文披月(ふみひらきづき)が転じて文月となった説が有力のようです。

葉月(はづき)の意味は

旧暦で8月は新暦の9月上旬から10月上旬の秋にあたるため、木の葉が紅葉して落ちる月が転じて葉月と付いた説や稲の穂が張る穂張月(ほはりづき)が略された説などがあるようです。

長月(ながつき)の意味は

夜が徐々に長くなることから夜長月(よながつき)が略されて長月となった説や稲を刈る月であることから稲刈月(いなかりつき)が略されて長月となった説などがあるそうです。

神無月(かんなづき)の意味は

旧暦の10月は全国の神様が出雲の出雲大社に集まり、出雲以外に神様がいなくなるという説や雷のいない月(雷無月)から神無月の意味から付いたという説、神を祭る月であることから神の月と付いた説などがあります。

霜月(しもつき)の意味は

霜が降る月の意味から霜月と付いた説が有力のようです。

 

他には、凋む(しぼむ)月がなまったとする説や10月の神無月を「上の月」というのに対し11月を「下な月(しもなつき)」とする説などがあるようです。

師走(しわす)の意味は

正確な語源は不明のようですが、僧侶である師がお経をあげるために、東西南北に馳せ参じる意味から「師馳す(しはす)」とした説、年が果てる意味から年果つ(としはつ)から転じたりする説、すべてのことをやり終えた意味の為果つ(しはつ)からの説などがあるようです。

Sponsored Links

最後に

師走なんかは今でも使いますが、あまり馴染みのない月もあったのではないでしょうか。

 

競馬のレースでは皐月賞やきさらぎ賞などがあり、案外競馬好きの方は詳しいかも知れませんね。

Sponsored Links