Sponsored Links

フジテレビの谷岡慎一アナと結婚期間1年とスピード離婚したNHKの桑子真帆アナに、フリー転身の噂があるようです。

 

何でも、先日フリーになったNHKの先輩の有働由美子アナが、桑子真帆アナに接近しているそうです。

 

今回は、フリー転身の噂があるNHKの桑子真帆アナに注目しました。

桑子真帆アナのプロフィール

出典 http://it-toranoana.com/

 

桑子真帆(くわこまほ)アナは1987年5月30日生まれの31歳。

 

神奈川県川崎市出身。

 

身長158㎝。

 

鴎友学園女子高校を経て、東京外国語大学を卒業。

 

東京外国語大学ではチェコ語を専攻していたそうです。

 

ただし、チェコ語は少ししか話せないそうです。

 

2010年にNHKに入局しましたが、元々、桑子真帆アナはアナウンサー志望ではなく、クローズアップ現代を担当していた国谷裕子キャスターに憧れていて、NHKだけ受けたら運よく受かってしまったそうです。

 

桑子真帆アナがNHKで最初に配属されたのは長野放送局で、長野放送局で3年間勤め、広島放送局に2年間、そして東京アナウンス室に異動しています。

 

広島放送局時代は、「おはようひろしま」のキャスターを務めるとともに、NHKのBSプレミアムで放送されている子ども向け番組の「ワラッチャオ!」に「おねえさん」として出演するため、番組収録のために月1回のペースで東京出張を続けていました。

出典 オリコンニュース

 

2015年、NHKの紀行バラエティ番組「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢され、人気となり、オリコンスタイルが発表する「第12回好きな女性アナウンサーランキング」では5位に選ばれています。

 

2017年4月、報道番組「ニュースウオッチ9」のキャスターに就任。

 

2017年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナと結婚。

 

2017年12月31日、第68回NHK紅白歌合戦の総合司会を担当。

 

2018年2月9日、平昌五輪開会式の実況を担当し、開会式を閉会式と言い間違えるミスが話題になりました。

 

桑子真帆アナの好きな食べ物はアメリカンドックで、買い物をした後に喫茶店でのんびりすることが好きなようです。

桑子真帆アナの大学時代は「ブラジル研究会」に所属!

桑子真帆アナは大学時代に様々なサークルの新歓コンパをハシゴして、所属するサークルを決めたそうですが、決めたサークルが、通称ブラ研といわれる「ブラジル研究会」。

 

ブラジル研究会は、ブラジル音楽を扱う東京外大最大規模の音楽系サークルで、サンバのパーカッションを披露したり、サンバパーティー、外語祭でのサンバハウスといったライブへの出演などを行っているサークルです。

 

このブラジル研究会は楽器の演奏だけでなく、ダンスパートもあったようですが、桑子真帆アナは打楽器や管楽器を担当していたようです。

Sponsored Links

最後に

桑子真帆アナがNHKから独立するかは不明ですが、独立するなら、今がチャンスかも知れませんね。

 

バラエティもこなせるし、報道もできるので、需要はありそうです。

 

ただし、谷岡慎一アナと離婚したばかりなので、どうなんでしょうね。

Sponsored Links