Sponsored Links

オリックス・バファローズの小谷野栄一選手が、今シーズン限りで現役を引退するそうです。

 

小谷野栄一選手も松坂世代の一人ですよね。

 

ここのところ、DeNAの後藤選手、巨人の杉内投手、元巨人の村田選手と松坂世代の現役引退が相次いでいます。

 

寂しいですね。

 

今回は、今シーズン限りで現役を引退する小谷野栄一選手に注目してみました。

小谷野栄一選手のプロフィール

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

小谷野栄一(こやの えいいち)選手は1980年10月10日生まれの37歳。

 

東京都江東区出身。

 

身長177cm、体重88kg、右投げ右打ち。

 

背番号は31番。

 

小谷野栄一選手は松坂選手と小学校6年生から江戸川南リトル、シニアで4年間チームメートだったそうです。

 

その後、創価高校に進学し、3年春に甲子園に出場しますが、2回戦でPL学園高校と対戦し、敗退しています。

 

創価大学進学後は、1年秋からレギュラーとして試合に出場し、ベストナインを4度、最多打点を2度獲得し、大学4年生の時に日米大学野球選手権大会の日本代表選手に選出されていました。

 

そして、2002年ドラフト会議で、日本ハムファイターズから5位指名を受け入団しています。

 

小谷野栄一選手は、内外野を守れるユーティリティープレイヤーとして徐々に試合出場を増やし、2009年にはゴールデングラブ賞を獲得!

 

2010年には144試合に出場し、177安打、16本塁打、109打点、打率.311をマークし、初の打点王とベストナインとなっています。

 

2014年オフに、オリックスにFA移籍。

 

オリックスに移籍後は、2015年は56試合、2016年は50試合と怪我の影響で出場試合数が多くありませんでしたが、怪我のなかった2017年には130試合に出場し、47打点、打率.277と好成績を残しました。

 

しかし、2018年は打率が2割前半に低迷していました。

 

新聞報道によると、右肘、両膝に毎週3本の痛み止めの注射を打ち、グラウンドに立っていたそうです。

 

小谷野栄一選手は、プロ通算1393試合に出場し、4764打数1260安打、71本塁打、566打点、打率.264。

 

ゴールデングラブ賞を3回、打点王を1回、ベストナインを1回受賞しています。

小谷野栄一選手はパニック障害!

小谷野栄一選手は2006年にパニック障害を発症して、今もパニック障害を抱えながら、プレーを続けています。

 パニック障害とは、ある日突然、動悸や呼吸困難などの発作が起こり(パニック発作)、その発作が何度も繰り返される病気のこと。心臓がドキドキしたり、息が苦しくなり、「死ぬのではないか」という恐怖を感じます。発作自体は10~30分ほどで治まりますが、発作がないときも、「あの苦しい発作がまた起きるのではないか」という不安にさいなまれるようになり、その不安がまた新たな発作を引き起こす、という悪循環に陥ってしまいます。

出典 http://www.fuanclinic.com/

 

パニック障害は、完壁主義の方、仕事や家事に一生懸命打ち込む方などがなりやすいといわれています。

 

小谷野栄一選手が最初にパニック障害の異変に気付いたのは、2006年6月に行われた巨人との2軍戦でした。

あの時が初めてですね、本当の意味で、パニック障害を経験したのは。

打席の目の前でタイムかけて‥‥その場で吐いて。

結果、ピッチャーゴロを打ったんですけど、桑田さんが捕ってくれたおかげで、「走らなくて済む、そのままベンチに帰れる」と思ったのが、ずっと、自分の中では記憶に残っていて。

出典 https://www.1101.com/

 

その後、小谷野栄一選手は吐いたり、呼吸困難で倒れる症状を繰り返すようになりましたが、日本ハムの二軍コーチだった福良淳一さんの言葉に救われます。

日ハムの二軍コーチだった福良淳一さんが僕にこう言ってくれたんです。

「何分でも待つから、とにかく打席に立つことから始めよう」って。

実際、4回も5回もタイムかけてもらって、トイレ行って吐いたりしたんですが、福良さんの一言で気分が楽になって、また打席に立つことができたんです。

出典 https://www.1101.com/

 

福良淳一さんの言葉がきっかけとなり、試合に出場し始めた小谷野栄一選手は、前向きに考えるように意識を変え始めます。

それから、前向きな意識転換するようになるべく心掛け始めたんです。

たとえば、「今日も野球がやれる」っていう喜びがあるから、症状が出ても、「あ、これ、『楽しめ』っていう合図だな」って思ったりとか。

出典 https://www.1101.com/

 

元々、小谷野栄一選手は緊張しやすい性格で、完璧主義だったそうなので、パニック障害になりやすい性格だったようです。

 

しかし、パニック障害になったことで、小谷野栄一選手は自分をさらけだすことができるようになったそうです。

もう、今だったら、「俺、こんなんだけど!」ってさらけ出しますけどね。

そうすると、周りも素の自分を見せてくれるようになって。

そのほうが僕も楽だし、みんなと付き合いが深くなるって感じられたんです。

それからは、どんどん素の自分を見せていいんだと思ってますね。

出典 https://www.1101.com/

 

今ではパニック障害が自分の個性といいきる小谷野栄一選手は、チームのことを考えられる選手となりました。

チームのことを考えるようになってから、僕は成長できたんです。

1年間やった個人の成績は、チームへの貢献度とは、また違うので。

個人成績以外のところで、後輩の心の支えになったりとか、そういうものを大切しながらやっていきたいなと、今は思ってます。

出典 https://www.1101.com/

Sponsored Links

最後に

小谷野栄一選手のパニック障害は、今も完治していません。

 

嘔吐を繰り返しているそうです。

 

でも、パニック障害になったことで、得たことも大きいようです。

 

小谷野栄一選手、お疲れ様でした!

Sponsored Links