6月23日の「消えた天才」で、巨人のドラフト1位指名を受けた選手の中で、唯一指名を蹴った小林秀一さんが出演するようです。

 

小林秀一さんが、巨人からドラフト1位の指名を受けたのは1973年!

 

1973年のドラフト会議で指名された選手を見てみると、掛布雅之さんや山下大輔さんなどがいます。

 

また、小林秀一さんと同じように指名を拒否した選手として、後に巨人入りした江川卓さんが阪急ブレーブスから指名されていますね。

 

そして、この1973年に巨人は7人の選手を指名していますが、上位3人までが指名を拒否するという、まさに踏んだり蹴ったりのドラフトとなっています。

 

今回は、「消えた天才」に出演する「巨人のドラフトを拒否した男」小林秀一さんに注目しました。

小林秀一さんのプロフィール

小林秀一(こばやし ひでかず)さんは、1951年4月20日生まれの68歳。

 

熊本県上天草市出身。

 

小林秀一さんは小学生から野球を始め、八代第一高校(現 秀岳館高校)の時にオーバースローからアンダースローに転向しています。

 

高校3年生の時には、中九州大会で決勝まで進みましたが、決勝で大分高校に敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

高校卒業後は愛知学院大学に進学し、大学通算43試合に登板して、21勝6敗、防御率0.93をマーク!

 

大学4年の春のリーグ戦には8勝し、MVPに選出され、日米大学野球選手権大会日本代表にも選ばれています。

 

これだけの好成績を残せば、プロ野球のスカウトにも注目されますよね。

 

小林秀一さんは、即戦力のアンダースローとして、ドラフト候補に挙げられていました。

小林秀一さんが巨人の指名を断った理由は?

小林秀一さんは、元々、プロ野球に進む気持ちはなく、教員になって、アマ野球の指導者になりたかったそうです。

 

また、ドラフト当日は、母校である八代第一高校(現 秀岳館高校)で教育実習中だったようですね。

 

巨人からは事前に指名のあいさつもなければ、電話の一本もなかったので、小林秀一さんも突然の指名にビックリしたそうですが、巨人からのドラフト1位はかなりのインパクトがあり、心が揺れたそうです。

 

そりゃそうですよね。

 

プロ野球で、自身の実力を試してみたいと思うのは当然のことでしょう。

 

しかし、最終的に、小林秀一さんは巨人から指名を拒否します。

 

それも、巨人の監督だった川上監督の言葉がきっかけだったというのは皮肉なものです。

いよいよ川上監督自ら名古屋の大学に乗り込んで入団の説得に入った。川上はこう言った。「巨人は君の野球技術を買って1位指名した。ノンプロで野球を続けるんだったら、プロでやるのが本筋というものだろう。熊谷組に入れば君は会社の仕事もしなくてはならない。かといって会社は君に他の社員と同じような仕事ができると期待してもいない。野球部員として入社するのだから。だったらプロで真剣に野球に取り組むべきだ」。

出典 スポニチ

 

小林秀一さんは、この川上監督の言葉で逆に迷いが消え、野球オンリーではない生き方を望んでいない自分に気付き、巨人に入団の断りを入れ、熊谷組に進み、その後母校である愛知学院大学の監督に就いています。

Sponsored Links

小林秀一さんの現在は?

小林秀一さんは、脳梗塞が原因で愛知学院大学の監督を退任した後、2007年から愛知学院大学の教養部の准教授として教壇に立っているようです。

 

今は、プロ野球経験者であっても、日本学生野球協会の研修を受け、アマ指導の資格を回復させれば、アマチュアの指導ができるようになっています。

 

しかし、小林秀一さんがドラフト指名を受けた1973年は、柳川事件の影響で、プロとアマの交流が断絶されていた時代!

 

もし、今のように、プロ野球経験者であってもアマ指導の資格を回復させれば、アマチュアの指導ができるようになっていたなら、小林秀一さんも巨人に入団していたかも知れません。

 

ただし、活躍していたかは分かりませんが…

Sponsored Links