Sponsored Links

冬の花火は空気が澄んでいるので、夏の花火よりも綺麗に見えますよね。

 

山梨県の河口湖冬花火は、夜空を彩る打上花火が湖面を輝かせると評判の花火大会です。

 

河口湖冬花火の開催期間中は、河口湖周辺で西湖樹氷まつりなどのイベントも行われるので、併せて楽しんでみてはいかがですか!

河口湖冬花火2018の開催日程や会場は?

出典 富士の国やまなし 観光ネット

 

河口湖冬花火2018の開催日 1月13日(土)、1月14日(日)、1月20日(土)

1月21日(日)、1月27日(土)、1月28日(日)

2月3日(土)、2月4日(日)、2月10日(土)

2月11日(日)、2月17日(土)、2月18日(日)

2月23日(木)(富士山の日)

 

開催時間 20 時00 分~20 時20 分(20分間)

 

開催場所 河口湖畔大池公園(メイン会場)

 

打ち上げ場所 ・河口湖畔大池公園(メイン会場)

花火から一番近く、迫力のある花火を見ることができます。

 

・畳岩(湖畔駐車場脇)

大池メイン会場とのコラボは見どころ。

 

・八木崎公園

アクセスは?

お車の場合

中央自動車道河口湖ICより国道139号を本栖湖方面に1.5km、東恋路交差点を右折し2km、河口湖大橋南交差点を右折し100m。

 

※お車で会場まで行かれる場合は、路面凍結する可能性があるため、チェーンや スタッドレスタイヤの装備が必要です。

 

電車・バスの場合

富士急行 河口湖駅より徒歩15分または河口湖駅から河口湖周遊バス、または西湖周遊バスに乗り、河口湖ハーブ館下車。

 

河口湖冬花火チラシ

河口湖冬花火の口コミ

夏に開催される花火大会のように、長時間花火が打ちあがるわけではありませんが、河口湖湖畔から打ちあがる花火は夏の花火とは異なり趣きがあります。

冬の花火は空気が澄んでいるので、鮮やかに見ることができます。

駐車場は、結構混み合うので、早めに行かれることをおすすめします。

また、かなり冷えるので、着込んで出かけた方がいいですよ。

 

泊まったホテルから冬花火を鑑賞しましたが、20分と短い時間ながら、迫力があり楽しめました。

夫婦2人で出かけましたが、素敵なひとときを過ごすことができました。

 

2月23日の富士山の日に宿泊先から河口湖冬花火を見ました。

3ヶ所から打ち上げられていたため、部屋を移動しながら花火を見ましたが、花火のあまりの美しさに感動しました。

来年も、同じホテルに泊まって、感動したいと思いました。

河口湖冬花火が見えるホテルや旅館は?

冬の河口湖はかなり冷えるので、暖かいホテルのお部屋から冬花火を鑑賞するのも良いでしょう!

 

そこで、河口湖冬花火が見えるホテルをいくつか選んでみました。

 

湖山亭うぶや

全客室、大浴場と露天風呂から富士山と湖の眺望が楽しめる高級旅館

 

ラビスタ富士河口湖

富士山を望む南仏プロヴァンスの薫るリゾートホテル

 

富士レークホテル

富士のふもと、河口湖のほとりに建つホテル

 

秀峰閣 湖月

河口湖の北岸、湖のほとりに建つホテル



最後に

昔話「カチカチ山」の舞台といわれた河口湖天上公園カチカチ山ロープウェイも河口湖冬花火の絶景ポイントの1つです。

 

冬花火の期間、土曜日のみロープウェイの営業時間が延長されていますが、寒いので、とにかく着込んだ方が良いでしょう。

 

河口湖冬花火で夜空を彩る花火を鑑賞しませんか!

Sponsored Links