Sponsored Links

浴室のゴムパッキンに付着する黒いカビって、浴室用洗剤で洗っても全然キレイにならないし、見た目も悪いですよね。

 

たまに塩素系漂白剤を使って掃除しますが、液体なので、すぐに流れてしまうという欠点があります。

 

そこで、何か良い方法がないかと検索してみたら、漂白剤に片栗粉を混ぜるという方法がありました。

 

早速実践してみました。

用意するもの


準備するものは、キッチン用塩素系漂白剤と片栗粉、漂白剤と片栗粉をかき混ぜるための割りばしやスプーン、洗面器、ビニール手袋。

 

スプーンを使って、キッチン用塩素系漂白剤と片栗粉をかき混ぜると、スプーンのメッキがはがれるので、スプーンを使う場合は捨てても良いものがベストです。

塩素系漂白剤と片栗粉をかき混ぜペースト状にする

ネットでは、塩素系漂白剤と片栗粉を1:1の割合で混ぜると書いてありますが、実際やってみると、調整がむずかしいですね。

 

ペーストしたものが柔らかくなりすぎないように、片栗粉で調整するといった感じです。

 

実際に、浴室のゴムパッキンに塗布した時に、塩素系漂白剤と片栗粉でペーストしたものが柔らかすぎると、流れ落ちてしまうので、ある程度の固さは必要です。

塩素系漂白剤と片栗粉をペーストしたものを黒カビのある部分に塗布する

塩素系漂白剤と片栗粉を混ぜ、ある程度固さがあるものができあがったら、手荒れしないようにビニール手袋をはめて、黒カビの部分に塗布していきます。

 

塗布した時にペーストしたものが流れそうになる場合は、その場で片栗粉を加えるか、キッチンタオルやティッシュなどで貼り付ければOKです。

 

そして、換気しながら待ちます。

 

ネットでは5分ほどと書いてありましたが、黒カビがひどい場合は30分~1時間ぐらい置いても良いと思います。

塗布したところを洗い流す

使用したキッチンタオルやティッシュを取り除き、塗布した部分をシャワーで洗い流しましょう。

 

塗布したものが残っていると、臭いが残ります。

結構キレイになっています。

Sponsored Links

浴室にカビが繁殖する原因は?

浴室にカビが繁殖する原因は「温度」「湿度」「酸素」、そして「栄養」です。

 

カビにとっての「栄養」とは皮脂や垢で、カビは温度20℃~30℃、湿度60%を超えると繁殖しやすいといわれています。

 

カビが繁殖しにくい環境にするためには、換気と栄養を断つことが効果的!

 

最後に入浴した方が壁や床をシャワーを使って、髪の毛などを洗い流すだけでも違います。

 

また、入浴後は換気扇を使い、よく換気をすることが大事です。

 

水分が残っているようなら、タオルなどで拭いて水分が残らないようにします。

 

お風呂は体をキレイにするところです。

 

できるだけカビの少ない環境にしていきましょう!

Sponsored Links