Sponsored Links

巨人の柿沢貴裕選手が、阿部選手や長野選手、菅野選手らから、バットやグラブなど110点を盗み出し、中古ブランド品買取専門店に売却する行為を行ったとして、巨人から契約解除されたそうです。

 

柿沢貴裕選手は消費者金融などからの借金があり、生活費に困窮していたようですが、ギャンブルか何かに使っていたのでしょうか?

 

最近、ロッテに所属していた大嶺翔太選手も金銭トラブルで辞めていますよね。

 

今年、こういった金銭トラブルで球団を辞めている選手が多いですよね。

 

柿沢貴裕選手の場合は窃盗なので、明らかに犯罪ですが…

 

今回は、巨人から契約解除されてしまった柿沢貴裕選手について調べてみました。

柿澤貴裕選手のプロフィール

出典 wikipedia

 

柿澤貴裕(かきざわ たかひろ)選手は 1994年7月30日生まれの23歳。

 

東京都葛飾区出身。

 

身長180cm、体重86㎏、右投げ左打ち。

 

小学校1年から野球を始め、神村学園中等部時代は「神村学園リトルシニア」に所属。

 

3年夏には全国ベスト8進出を達成。

 

神村学園高等部進学後は、1年秋からベンチ入りし、2年夏に出場した甲子園では1回戦の対能代商業戦で2番手として、9回の1イニングを無失点に抑えています。

 

また、3年時には春の選抜では2試合いずれもリリーフとして登板し、8回1/3を1失点、夏の甲子園では2試合に先発・4番で出場し9回を投げて7失点、防御率6.00、打撃は6打数1安打の成績を残しました。

 

高校通算23本塁打を放ち、プロからは投手・野手双方で評価され、2012年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから6巡目で指名され、契約金2,500万円、年棒600万円の条件で合意し入団しています。

 

楽天入団後の2013年は主に外野手としてファームの試合に出場。

 

2014年2月の2軍の春季キャンプでは、守備練習中に「脱水による意識喪失発作」が起きる事態に見舞われ、柿沢選手本人、並びに2軍監督・コーチ・トレーナーに、コンディションに対する細心の注意を払うように球団から厳重注意を受けています。

 

2014年はファームで1試合のみの出場しかなく、10月に球団から支配下契約を行わない旨通告され、11月に育成契約で合意。

 

その後、2016年7月に支配下契約となりましたが、2016年12月に小山雄輝投手とのトレードで巨人に移籍。

 

2018年ファームでは、48試合に出場し、111打数39安打、9打点、打率3割5分1厘の成績を挙げていました。

柿澤貴裕選手の妹は柔道の選手?

柿澤貴裕選手には妹さんがいて、柔道をやっているようです。

 

しかも、妹さんは日本代表候補の柔道選手のようです。

 

調べてみたら、柿澤史歩さんという方で、三井住友海上女子柔道部に所属していました。

 

柿澤史歩さんのプロフィールは以下のとおりです。

 

柿澤史歩さんは1996年9月4日の21歳。

 

渋谷教育学園渋谷高校を経て、2015年三井住友海上入社。

 

2017年5月に行われた「2017東アジア柔道選手権大会」では70kg級で日本代表として出場し優勝しています。

Sponsored Links

最後に

柿沢貴裕選手は今期推定年俸が650万円のようですが、しっかり野球に打ち込んでいれば生活に困窮するようなことはないはずです。

 

このような犯罪行為をしてしまうと、本人だけでなく家族にまで迷惑が及ぶことが分かっていなかったのでしょうか?

 

ちょっと悲しい事件ですね。

Sponsored Links