Sponsored Links

8月31日の「爆報!THEフライデー」は、メディアの風雲児・角川春樹さんがバラエティ初出演するそうです。

 

「大物俳優Eから殺したいほど恨まれていた!因縁の再会!一体どうなる!?」ということなんですが、大物俳優Eって誰なのかなと思ったら、番組表に榎木孝明さんの名前が…

 

角川春樹さんと榎木孝明さんとの間に何があったのでしょうね。

 

今回は、「爆報!THEフライデー」に出演する角川春樹さんに注目しました。

角川春樹さんのプロフィール

出典 https://www.sankei.com/

 

角川春樹さんは1942年1月8日生まれの75歳。

 

富山県中新川郡水橋町(現 富山市)で生まれ、東京都杉並区で育ったそうです。

 

國學院大學久我山高校を経て、國學院大學文学部卒業。

 

角川春樹さんは、1965年に父親の角川源義さんが創業した角川書店に入社し、1970年から映画「ある愛の詩」「いちご白書」の原作本などを刊行。

 

1975年には角川源義さんの死去に伴い、角川書店社長に就くと、翌年には映画製作を行なう角川春樹事務所を設立し、角川映画の制作を開始し、映画と書籍を同時に売り出す「角川商法」で、横溝正史ブームを仕掛け、一世を風靡!

 

主な映画製作作品には「犬神家の一族」「野獣死すべし」「セーラー服と機関銃」「時をかける少女」「天と地と」など。

 

しかし、1993年に逮捕に伴い社長を退任。

 

1995年には現在の角川春樹事務所を設立し、2005年に制作した「男達の大和/YAMATO」は制作費25億円、興行収入50億円の大ヒットを飛ばし、角川春樹氏健在をアピール!

 

現在は角川春樹事務所会長兼社長をされているようです。

角川春樹さんと榎木孝明さんとの関係とは?

榎木孝明さんは、角川春樹事務所制作の映画に1991年の映画「天と地と」をはじめとして、数作出演されています。

 

どうも、その最初の映画「天と地と」での榎木孝明さんの演技に対して、監督である角川春樹さんがダメ出しをしていたようですね。

「もう二度とあんな目にはあいたくないけれど、私にとってはその後の人生に大きな影響を与えた出来事でした。 当時、俳優になって15年くらい。それなりのプライドもあったし、ひとつの演技で10通りくらいのバリエーションを考えて撮影に臨みました。ところが、何度やっても監督は“違う!”としか言わないんです。どこがどう違うのか、いっさいの説明はありません。ただひとこと、“違う!”なんですね。 百人以上のスタッフと共演者がいましたけど、誰も助けてくれません。日本のテレビ局や海外からの取材もたくさん来ている現場でも、頭ごなしに怒鳴られます。“お前の演技は幼稚園の学芸会レベルだ”とか、“そろそろ人間をやめたらどうだ”なんて罵倒されたこともありました。僕の芝居が駄目だからといって、その日の撮影がなくなることもありましたね。 そのうち、監督の姿を見ると、腰に提げた刀で斬りかかる自分を想像するようになりました。“今、振り向きざまに袈裟懸けに斬り込んだら……”、“この角度から一気に突きを入れたら……”、そんなことを考えるほど、精神的に追いつめられていました。食事もノドを通らず、頬の肉がげっそり落ちて、目つきだけが鋭くなっていきました。 上杉謙信が鉄砲の試射をするシーンを撮影した日は、これ以上落ちるところのない、どん底の状況だったと思います。あとはもう、死ぬしかない。そのくらいの極限状態です。 そのときです。何も考えずにまっさらになった私の演技を見た監督がひとこと、“俺が待っていたのは、それだ”と言ったんです。 実際、試写を見ると、そこにいるのは確かに私なんだけれども、本当に自分なのかと疑いたくなるような存在が写っていました。聞いたことのない声、見たことのない表情……。よく考えてみると、それまでの私の演技はすべて、榎木孝明という自我を通した演技に過ぎなかったんですね。“俺が俺が”という気持ちが演技に表れていて、きれいに見せたいとか、カッコよく見せたいとか、いろんな邪念が演技に入り込んでいた。ところが、どん底まで落ちたところで自我がふっ飛んで、演技が解放されたんです。邪魔なものを削いで、削いで、削ぎ落としていって、無垢な魂が表にあらわれてきたというのかな。これまで表現することができなかった演技に到達したんです。 目を開かれましたね。この経験は間違いなく、私にとっての大きな転機になりました」

出典 https://c.filesend.to/

 

榎木孝明さんは、その後、角川春樹さんと仲良くなり、1991年には「天河伝説殺人事件」の 浅見光彦 役で出演されています。

角川春樹さんと羽田美智子さんとの関係は?

角川春樹さんは、2009年に、6人目の嫁であるASUKAさんと結婚されているそうです。

 

6人目というのも凄いですよね。

 

しかも、このASUKAさんという方は角川春樹さんより40歳も年下というから驚きです。

 

ちなみに、このASUKAさんは2008年に角川春樹事務所が制作した映画「神様のパズル」の主題歌を歌っていた方です。

 

また、角川春樹さんは長年、羽田美智子さんと愛人関係にあったと噂されていたようですが、羽田美智子さんも2011年に水中カメラマンの広部俊明さんと結婚されていますね。

Sponsored Links

最後に

角川春樹さんがバラエティ番組に出演するということは、番宣なんでしょうかね。

 

ちょっと気になるので、「爆報!THEフライデー」の放送を楽しみたいと思います。

Sponsored Links