DeNAの伊藤裕季也選手が1軍に上がってきましたね。

 

負傷した宮崎敏郎選手のバックアップ要員としての昇格ですが、ここで活躍すれば、監督へのアピールになるので頑張ってほしいですね。

 

今回は、1軍に昇格したDeNAの伊藤裕季也選手に注目しました。

伊藤裕季也選手のプロフィール

伊藤裕季也(いとう ゆきや)選手は1996年8月30日生まれ。

 

三重県四日市市出身。

 

身長182㎝、体重96㎏、右投げ右打ち。

 

背番号は4番。

 

伊藤裕季也選手は、浜田小学校4年から浜田野球少年団で野球を始め、港中学校では四日市トップエースボーイズに所属。

 

中学校卒業後は日大三高に進学し、2年秋からベンチ入りしています。

 

3年夏の西東京大会は、準決勝で東海大菅生高校に敗れ、甲子園出場は叶いませんでした。

 

立正大では2年春からファーストでレギュラーを掴み、4番となった3年春は2部ながら、打率.343の好成績を残し、MVPを獲得!

 

1部に復帰した3年秋は2本塁打、打率.268の成績を残し、4年春はセカンドで2本塁打、打率.310をマークしています。

 

伊藤裕季也選手は、その後、侍ジャパン大学代表に選出され、日米大学野球選手権大会とハーレムベースボールウィークに出場!

 

4年秋のリーグ戦では4番セカンドで出場し、2本塁打、打率.244ながら、チャンスに強い打撃を披露し、秋季リーグ戦と明治神宮大会優勝に貢献しています。

 

伊藤裕季也選手は、その後、2018年ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから2位で指名され入団しています。

 

なお、契約金は7000万円、年俸は1200万円(いずれも推定)となっています。

伊藤裕季也選手の2軍成績は?

伊藤裕季也選手は、入団1年目となる2019年は、2軍で82試合に出場し、268打数62安打、23四死球、11本塁打、38打点、61三振、打率.231の成績を残しています。

 

強打の内野手としてドラフト2位で指名された伊藤裕季也選手ですが、2軍での本塁打は多いものの、打率が高くありません。

 

もう少し、確実性がアップしないと1軍では厳しいかもしれませんね。

伊藤裕季也選手は怠慢プレーで懲罰交代!

伊藤裕季也選手は、3月7日に行われた中日とのオープン戦で、打ち上げて一塁へ走らなかったことで、ラミレス監督の逆鱗に触れ、懲罰交代させらています。

 

ある意味、この懲罰交代でプロ野球の厳しさを知ったのではないでしょうか。

DeNAドラフト2位の伊藤裕季也内野手(22=立正大)が懲罰交代させられた。

1点リードの2回2死走者なしで、回ってきた第1打席。カウント3-1から一塁後方へ飛球を打ち上げた。ファウルになりそうなラインで、伊藤裕は一塁へ走りだしていなかった。風でボールが押し戻され、慌てて一塁へ駆けだしたが、二ゴロとなった。その直後、同じルーキーのドラフト6位の知野直人内野手と交代となった。

出典 日刊スポーツ

伊藤裕季也選手の守備位置は?

伊藤裕季也選手は、2軍ではサードあるいはセカンドを守っていました。

 

遠投100mの強肩選手なので、1軍でもサードは可能でしょう。

最後に

伊藤裕季也選手にとっては、今回の1軍昇格はチャンスでしょう。

 

宮崎敏郎選手の怪我が長引く可能性があるので、ここで活躍すれば、首脳陣へのアピールとなるはず!

 

頑張ってほしいですね。