昨年は1勝どまりだった阪神の青柳晃洋投手ですが、今年は、既に5勝を挙げる活躍を見せていますね。

 

プロ4年目を迎え、いよいよ、青柳晃洋投手も覚醒したのでしょうか?

 

今回は、阪神の青柳晃洋投手に注目しました。

青柳晃洋投手のプロフィール

青柳晃洋(あおやぎ こうよう)投手は、1993年12月11日生まれの25歳。

 

神奈川県横浜市出身。

 

身長183cm、体重84kg、右投げ右打ち。

 

背番号は50番。

 

青柳晃洋投手は、小学校5年生の時に寺尾ドルフィンズで野球を始め、小学校6年生の時に投手に転向し、指導者の勧めでサイドスローに!

 

横浜市立生麦中学校時代は軟式野球部に所属し、一時オーバースローに転向しますが、肘を痛めたため、再度サイドスローに投球フォームを戻しています。

 

中学校卒業後は、川崎工科高校に入学し、1年秋からエースに!

 

3年生の時には県大会で春夏2季連続ベスト16に進出しています。

 

青柳晃洋投手は、プロ数球団から注目され、プロ志望届を提出!

 

しかし、残念ながら、無念の抽選漏れに終わっています。

 

高校卒業後は帝京大学に進学し、1年からリーグ戦に出場!

 

3年秋は右肘を手術した影響で1試合の登板に終わりましたが、4年春に3勝、4年秋には6勝を挙げる活躍を見せ、4年秋のリーグ戦ではベストナインに選出されています。

 

青柳晃洋投手は、大学通算37試合に登板し、15勝9敗、防御率1.91の成績を残し、球界でも珍しいアンダースローの投手として注目され、2015年ドラフト会議で阪神にドラフト4位で指名され入団しています。

青柳晃洋投手の1軍での成績は?

2016年

13試合 68.1回 4勝5敗 41被安打 1被本塁打 48四死球 52奪三振 防御率3.29

 

2017年

12試合 64.1回 4勝4敗 53被安打 2被本塁打 38四死球 50奪三振 防御率3.22

 

2018年

4試合 21.2回 1勝1敗 23被安打 1被本塁打 6四死球 22奪三振 防御率3.32

 

2019年

12試合 72.1回 5勝4敗 68被安打 10被本塁打 22四死球 51奪三振 防御率2.86

 

 

2019年は、被本塁打が増えていますが、防御率は良化しています。

 

四死球が減っており、制球がよくなったことが、キャリアハイの成績を挙げている要因でしょうね。

 

青柳晃洋投手の年俸は?

2016年 720万円
2017年 1200万円
2018年 1300万円
2019年 1200万円

※ 金額は推定

青柳晃洋投手の嫁は?

青柳晃洋投手は、横浜の小学校で3年生から4年間同級生だった女性と結婚しているようですね。

 

しかも、同級生によるグループLINEで、その女性が関西にいることが分かり、阪神に入団したプロ1年目に10年ぶりに再会したことがきっかけだったとか…

 

その後、食事などを重ねるうちに、青柳晃洋投手が猛アタックして交際に発展したようです。

 

さすがに、投手だけあって、押すところは分かっているんですね。

結婚を決めたのは昨年の秋。9月2日のDeNA戦でシーズン初勝利をあげた直後、「次勝ったらプロポーズするわ!」と直接伝えた。しかし…、それ以降、白星をつかめなかったため、「仕方ない!(笑い)」と開き直って自宅でプロポーズ。まさかの“ハプニング”に見舞われたがお互いの気持ちは固まっていた。「結婚してくれる?」という問いに「お願いします」と返答を得て、結ばれた。

出典 スポニチ

 

今シーズンの活躍は、嫁と一緒になったことで、責任感が出てきたのでしょうね。

 

ということは、結婚したことが、良いきっかけになったのでしょう。

最後に

昨年、1軍では1勝どまりだった青柳晃洋投手ですが、二軍では8勝を挙げています。

 

そして、昨年の二軍監督だった矢野燿大さんが一軍監督に抜擢されたことも、青柳晃洋投手にとっては追い風となったのでしょう。

 

サイドより低いアンダースローの軌道は独特ですし、コントロールがよくなり、自信がついてくれば勝てる投手になっていくはず。

 

頑張ってほしいですね。