Sponsored Links

ヤクルトが、ロベルト・スアレス投手(ソフトバンク)の兄であるアルバート・スアレス投手と契約合意したという報道があったそうです。

 

しかし、東京ヤクルトスワローズの公式サイトには、アルバート・スアレス投手獲得のニュースの記載は、まだありません。

 

発表を控えているのでしょうか?

 

今回は、ヤクルトで獲得報道のあったアルバート・スアレス投手に注目してみました。

アルバート・スアレス投手のプロフィール

出典 スポニチ

 

アルバート・スアレス投手は、1989年10月8日生まれの29歳。

 

ベネズエラ出身。

 

身長188cm、体重105㎏、右投げ右打ち。

 

アルバート・スアレス投手は、2006年にタンパベイ・デビルレイズ(現 タンパベイ・レイズ)に入団。

 

タンパベイ・レイズ傘下のルーキーリーグのプリンストン・レイズからプレーし、2013年にAAのモンゴメリー・ビスケッツに上がりましたが、2014年11月8日にFAとなり、2014年12月8日にロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結んでいます。

 

2015年は、ロサンゼルス・エンゼルス傘下のAAであるアーカンソー・トラベラーズでプレーしましたが、2015年11月13日にFAとなり、2015年11月26日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んでいます。

 

2016年は、サンフランシスコ・ジャイアンツ傘下のAAAであるサクラメント・リバーキャッツで開幕し、2016年5月6日にメジャー契約し、5月11日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャー初勝利!

 

2016年はメジャーで、22試合に登板し、84回で3勝5敗、被安打84、被本塁打11、四死球30、54奪三振、防御率4.29の成績を残しています。

 

2017年はメジャーで、18試合に登板し、31.2回で0勝3敗、被安打28、被本塁打4、四死球12、34奪三振、防御率5.12の成績を残しています。

 

2017年12月14日、ルール・ファイブ・ドラフトでダイヤモンドバックスに指名され移籍。

 

2018年はダイヤモンドバックス傘下のAAAであるリノ・エーシズ でプレーし、31試合に登板し、63.1回で0勝1敗1セーブ4H、被安打74、被本塁打8、四球33、51奪三振、防御率4.97をマークしています。

アルバート・スアレス投手の特徴は?

アルバート・スアレス投手は、直球と同じ軌道から150キロ台で鋭く縦に沈むシンキング・ファストボールを武器とし、スライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボールなどの変化球を持つ右腕です。

 

コントロールはそこそこありそうなので、シンキング・ファストボールに慣れていないバッターには有効といえそうです。

 

アルバート・スアレス投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

アルバート・スアレス投手の愛称は、ベネズエラでカピバラを意味するチグイレだそうです。

 

なんとなくカワイイですね。

 

ヤクルトでの活躍を期待したいですね。

Sponsored Links