Sponsored Links

日本でよく食べられている代表的な果物にみかんがありますよね。

 

漢字で書くと、蜜柑になります。

 

当初はミツカンと呼ばれていたそうですが、それがつまってミカンと呼ばれるようになったそうです。

 

ところで、みかんの外皮をむいた時に出てくる白い筋がありますよね。

 

クイズ番組でも出題されたことがあったような気がします。

 

あの「みかんの白い筋の名称」って知っていますか?

「みかんの白い筋の名称」はアルベド?

「みかんの白い筋の名称」はアルベド(中果皮)あるいは維管束というそうです。

 

「アルベド(albedo)」はラテン語で「白さ」という意味のようですよ。

 

ちなみに、外側のダイダイ色の部分はフラベド、果肉の部分は砂瓤(さじょう)、中心の白い部分は果心、果肉を包む白い袋は瓤嚢(じょうのう)というそうです。

 

砂瓤や瓤嚢なんて、普通に読めませんよね。

アルベドって栄養があるの?

最近、健康番組を見ていると、ゴボウなどの野菜や果物って実や果肉よりも皮の方が栄養があるっていわれていますよね。

 

ならば、みかんの白い筋アルベドには栄養があるのでしょうか?

 

実は、みかんの白い筋であるアルベドや袋や皮には、ヘスペリジンというポリフェノールが豊富に含まれています。

 

ヘスペリジンはミカンの果肉よりも皮や袋、アルベドに多く含まれていて、ポリフェノールの一種であることから、抗酸化作用があることが知られています。

 

ヘスペリジンはビタミンCの吸収を促進する効果や血流を改善する効果、血中コレステロール値の改善効果、血圧上昇抑制作用、花粉症やアレルギーを抑制する効果、骨粗しょう症を予防する効果が期待できる成分としてサプリメントなどにも配合されています。

 

また、みかんの外皮を乾燥させた陳皮は、古くから漢方薬の成分として知られています。

 

みかんの外皮は刻んで鍋の薬味として使用することもできますし、陳皮を入浴剤として使えば 、湯上り後もポカポカしていますよ!

みかんの効果はヘスペリジンだけではない!

もちろん、みかんは皮や袋、アルベドに多く含まれているヘスペリジンだけでなく、ビタミンCが多く含まれる果物としても有名ですよね。

 

ビタミンCは紫外線によるメラニン色素の原因となるチロシナーゼの働きを阻害する効果があり、美白効果が期待できます。

 

また、ビタミンCにはストレスをやわらげる効果もあります。

 

みかんには、ヘスペリジンやビタミンC以外にも、疲労回復効果が期待できるクエン酸や便秘を解消する効果が期待できる水溶性食物繊維であるペクチンが豊富に含まれているので、積極的に摂りたい果物です。

Sponsored Links

最後に

みかんの白い筋の部分のアルベドは、からだの良いヘスペリジンが多く含まれている部分です。

 

白い筋だからといって、今まで捨てていた方も多いのでは?

 

みかんを食べる時は果実の部分だけでなく、アルベドや皮の部分も食べましょう。

 

もちろん、皮の部分はキレイに洗ってくださいね。

 

それから、みかんはカラダを冷やす果物ですから、あまり食べ過ぎは良くないです。

 

カラダを冷やさないように、過度に食べないようにしましょうね。

Sponsored Links