Sponsored Links

地域によって分別は異なりますが、ごみの種類によって可燃ごみ、不燃ごみ、プラスチックごみ、資源ごみに分かれますよね。

 

100円ライターは、私が住んでいる地域では不燃ごみに該当します。

 

他の地域でも大体不燃ごみになると思いますが・・・

 

でも、100円ライターの捨て方として、ガスを使い切らないと不燃ごみに捨てられないんですよね。

 

100円ライターのガスが残っていると、そのライターが原因で、ごみ収集車両や処理施設での火災事故が発生するからなんですって。

 

いわれてみれば、確かにそのとおりだと思いますが、結構100円ライターってガスが残っているのに点かなくなること多くありませんか?

 

我が家でもガスが残っているのに点かなくなってしまって、ゴミとして捨てられずに、そのまま家にあるという100円ライターが数点あります。

 

私の家族は誰もタバコを吸う人がいないので、ガスが残った100円ライターといっても、それほど数が多くありませんが、タバコを吸う方がいらっしゃるご家庭では結構ガスが残った100円ライターって溜まっていると思いますよ。

 

そこで、私がネットで検索して得た情報をもとに、ガスが残った100円ライターのガスを抜く方法を説明したいと思います。

 

面倒くさがりの私でもできたので、めちゃくちゃ簡単ですよ!

100円ライターの残ったガスの抜き方

用意するものは、ガスの残った100円ライターと輪ゴムあるいは粘着力の強いテ―プだけです。

 

しっかり固定できるのならば、セロテープでもOKです。

 

私はセロテープで固定しました。

 

あとは、屋外で作業をするので、晴れた日や曇りの日に行うことをおすすめします。

 

まずは、100円ライターの操作レバーを押し下げて、ガスが噴出しているのを確認します。

 

ガスが噴出していれば、 「シュー」という音が聞こえます。

 

もし、「シュー」という音が聞こえなければ、100円ライターの炎調整レバーをプラス方向に動かしてみてください。

 

次に、100円ライターの押し下げた操作レバーを輪ゴムや粘着テープ(セロテープ)で固定します。

 

案外、輪ゴムだと何重にも巻かなければいけないので、結構手間がかります。

 

粘着テープの方が簡単に固定できます。

 

100円ライターの操作レバーを押し下げた状態で固定できたら、火の気の無い、風通しのよい屋外に放置して半日から1日置きます。

 

たったのこれだけです。

 

私も、試しにガスが残った100円ライターをこの方法でガス抜きしてみましたが、半日程度であっさりとガスが抜けていました。

 

最後に、100円ライターを着火処理して、火が点かなければ大成功ということになります。

100円ライターの捨て方

地域によって異なるでしょうが、私の住んでいる地域では、使い切った100円ライターは他の不燃ごみとは別に、100円ライターだけを透明の袋に入れて捨てることになっています。

 

やっぱり、ガスを使い切らずに100円ライターをそのまま捨てる方が多いからでしょうね。

ガスが残ったスプレー缶も火災の原因に!

100円ライターだけでなく、ガスが残ったスプレー缶も火災の原因となります。

 

私が住んでいる地域では、化粧品などのスプレー缶は資源ごみに区分に区分されています。

 

でも、面白いことに爆発する危険があるため、穴はあけちゃダメなんです。

 

地域により、ごみの捨て方に違いがあると思いますが、正しいごみの捨て方をすることで、火災を防ぐことができます。

Sponsored Links

まとめ

100円ライターの残ったガスは輪ゴムや粘着テープを使えば、簡単にガスを抜くことができる。

 

ガスの残った100円ライターやスプレー缶は、火災の原因となるため、しっかりとガス抜きを行う。

 

ゴミの捨て方をよく読んで、正しく廃棄を行う。

 

こんなところですね。

 

ごみの分別って面倒くさいですが、ルールを守ってごみを捨てましょうね。

Sponsored Links